PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
スター登場

朝ドラ第13週『スター発掘オーディション!

うちの子たちすっごくおもしろかったみたいです。大笑い。

次男は、録画消さないで!とまで言ってます。

 

で、今日のプレミアムトークは、

その流れで御手洗清太郎役の古川雄大さんがゲストでした。

 

続きで録画しておこうかなーと迷ったのですが、今回もやめました。

 

プレミアムトークね、

ちょっとね、見ててきびしいときがあるんです。

せっかく大うけしてるうちの子がしんどくなってはいやだったので。

 

で、私だけで確認。

あの突き抜けて演じるその人のこと知りたくて。

そしたらですね、古川さん、もっそいい感じでした。

 

プレミアムトークと言いますか、NHKのその手のトークってどことなく、

ドラマ役柄に寄せてサービス満点で行くか、

「いえ、役者ですから」とクールに決めるか、

出演者はどちらかになることが間々あるように思います。

 

なのにだ!

古川さんは極めてふつうで、そこがかっこよかったわ。

 

これまたよくあるパターン、共演者をへんに持ち上げることもなく、

「練習しないとできないので」とさらり控えめで、

こんな古川さんが、

あのミュージックティを演じてたなんて、彼に底知れぬ実力を感じました。

 

いえ、時間なくて10分もプレミアムトーク視聴してないんですけど、

彼はぶれない人だと思います。好感。

 

 

そんな古川さんもご出演の朝ドラですが、来週から一時中断するみたいです。

第1週からの再放送のようですね。

また豊橋のミュージックティに会えたらなー。

 

 

 

 

 

| comments(0) | - |
けっこん

朝ドラ小学生の次男。

二人で歩む裕一と音に、うふふと思っているようです。

新婚っぷりには「ぼくもはやく結婚したいな〜」と言うほどでした。

 

 

けっこん。

 

選んだひと、結ばれたひとで、

その後の大きな歩みにつながるのかもしれません・・・。

 

 

またも芸能人のスキャンダルが話題になってます。

少し前の俳優夫婦のときは驚きもしたのですが、

今回のは驚きはなく、「ばかだ」と思わず口からもれてしまいました。

 

彼が結婚したとき、

「お、キミはやっぱりそっちね」と思いました。

 

そう選択して方向性はそうなのね、という印象。

昨年の国会議員さんの結婚のときもまったく同じ感想でした。

 

高みを目指すのはわるいことではないのに、

得と欲ばかりだと危うくなるんだろうと思う。

結局、大損してたら凄まじくかっこわるいです。

 

で、当人がそれを強く強く感じているからこその今回の対応なのでしょう。

まさかまさか会見なんて死んでもしたくないだろな、彼だけに。

もしもするというなら、彼の株がちょっとは上がる、私の中で。

望んでもないし、ぜんぜん興味ないけど。

他のひと出させて泣かせてさー、ますますきもち悪くってホントごめんなさい。

 

 

『結婚』や『出演番組』の選び方もそうなんだけど、

見えないようで見えるものがあるような気がします。

好む視聴番組とか、買い出した食材内容とか。

この記事の男性がかっこいいです。

コロナ禍で見える人間力。

 

けっこんてすばらしいぞ。

そのために人間力をつけるんだ、子どもたちよ。

 

 

 

 

 

| comments(0) | - |
前と後

今回、手に取った本↓

 

キャラクター図鑑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシリーズの本を長男が好んで読んでいたからです。

 

「あ、岡田さんだね」

監修のお名前が目に入って、はっと驚きました。

 

新型コロナウィルスはさすがに載ってませんでしたけど。

(2015年12月時点の内容だそうです)

 

ひとが生きていくのは、

数々の感染症とのたたかいなんですね・・・。

 

 

解除とか再開とか、

知恵とか分かち合いとか、

皆さんの状況はいかがでしょうか。

それぞれの持ち場や責任がありますし、

また時機や可能性もあると思います。

でも、いちばんは疲れてダウンしないようにしたいです。

 

コロナ後、

さまざまなことが変わりそうです。動きそうです。

コロナ前のことをあれこれ考えもしましたし、

もっと軽やかに、等しくやさしいものになってほしいです。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - |
すきなら・・・

すきなら、

すきだと、

いうべき、

だあーーーーー!!!

 

 

次男が、こう高々と歌うのです。

 

 

先週の朝ドラ『エール』。

音(二階堂ふみ)が最終選考会で、

『椿姫』ヴィオレッタの情を歌い上げました。

心ゆさぶられたのでしょう、そのメロディに上の言葉をのせる次男なのでした。

 

いや、ヴィオレッタの切なくゆれる気もちは伝わってないし。

それじゃ、当初の音(二階堂ふみ)寄りじゃない?

しょうがないかー、小2男児だもの。

 

まっすぐな彼は、「好きならちゃんと言うべき」だという考えみたいです。

「ボクも言おうかな」と園児のときからずっと気になる女の子のこと言ってます。

裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の仲良し新婚さんを見て、

「ボクもはやく結婚したいなー」とはにかんでいます。

 

 

 

笑えるところ突っ込むところがたくさんあるようで、

うちの子どもたちはすっかり朝ドラをたのしんでいます。

 

長男は、裕一(窪田正孝)の福島での銀行員時代がすごくすきだったみたいです。

職場の面々がおもしろかったそうで。

スピンオフ作品になりそうなパワーありましたよね。

 

たぶんまた出てくるよー。

きっと、「故郷に錦」の場面あるだろうからさー。

今週に入ってまたも苦難続きだけど。

 

負けないでいこう。

ふんばろう、みんな。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - |
みる日々

テレビがすきです。

そんな私なので、あまり抵抗なく子どもたちに見せています。


でも、

子どもたちの今の興味を押さえつつも、ほぼ録画したのを見せてます。

ダラダラ見せにならないように!というのが大きいです。

 

あと5分だけ静かに待っててほしい・・・とか、

あと20分経ったらお風呂に行ってくれ・・・とか、

録画だと調整や目安ができて便利です。

これまではEテレが中心でした。

結婚する前から、親になる前から、私自身がEテレ好きなので。

でも休校中は、子どもたちのリクエストを大いに聞いて多様化してます。

時代劇からクイズ番組まで。

バラエティ番組もずいぶん増えました。

 

水曜どうでしょう』はもうずっとずっと見せ続けていて、

新作(北海道で家、建てます)の最終夜の荒技には、親子でビックリした次第です。

もちろん『チャンネルはそのまま!』も見ました。(雪丸さん可愛かった)

連れ合いはもうついてこれない人ですが、

長男と次男はついてきてくれるのでうれしいです。


 

もっとですね、映画とか音楽とかスポーツとか、

いろいろ教えたり深めたりしてやりたいところですけど、

どうしても親寄りのものになっちゃいますね。インドアな。

いけませんね、何の特技も大した趣味もないですから。インドアで。

しかたな〜い。

私なりの視聴教育をしていきたいです。

 

 

見る番組の幅がひろがったからか、

特に長男がテレビのことでいろいろ質問してくるようになりました。

すきな司会者の話をしていたようで、

「そのひと苦手だ」みたいなことを思わず横からつぶやくと、

その理由をたずねられました。

仰々しく敬語を用いてのツッコミと、音にしない笑う姿がその答えなんだけど・・・。

 

その前は、

「ね、ホントは出ちゃダメなんでしょ?」と振り向いて私に言ってきました。

あるEテレ番組にある人気コンビが出演していて、

「はあー、出ちゃいけないねー」てつい口走ったことがあったんです。

お笑い芸人がEテレの番組に出ることは少なくなくて、

デザインあ(注・音出るかも?)における笑い飯(→赤い人)はさりげなくすばらしく、

最近では、

0655でリスの歌をうたう岩井勇気(ハライチ)の声はにくたらしいほどのびやかで、

リピート放送が繰り返されるそれらの番組では、

芸人の採用は慎重にしてほしいからです。したほうがいいからです。

それが答えなんだけど・・・。

 

 

どちらの答えにしても、

そんな生々しいことまだ言えません。

うちの子たちは、毒レベルまだ高くないからです。

 

なので、

子どもたちの前では

出演者・芸能人のことは必ず「〜さん」づけで呼ぶようにし、

キライて言葉は決して使わないようにしています。

 

思わず毒が飛び出てしまったら、

おもしろい・おもしろくない

すき・すきじゃない

は自分の感性でいいんだよ〜と言ってます。

往々にして私のすき寄りなものを見せてるくせして。

 

ステイホームなので、

親子でテレビをたのしむことに気が楽な面があります。

テレビがすきです。

 

 

 

 

| comments(0) | - |
手洗いすると

平日の朝食時、長男が決まって言います。

「今日もがんばろうね」

彼の声はとてもやさしくて、

ふわっと余計な力がぬけるようで、

「うん、がんばろ」

と言いたくなります。

 

次男がゲームをしながら何やらつぶやきます。

「たすけっと・・・」

たすけっと?

ああ、きっと読み間違えだなと、

「すけっとって読むんだよ」

と言いました。

 

助っ人。

たしかに、読み間違えそう。

助ける人だってことはわかってるみたい。

 

 

見えないところで助けてくれている人がいる。

がんばってくれている人がいる。

我々も我々の持ち場を守っていこう。

たゆむことなくやっていこう。

 

 

手洗いをていねいに励んでいるからでしょうか。

手にあったシミが薄〜くなってます。

連れ合いに言うとすごくうらやましがられて、

洗顔もていねいにやってみようかなーという話になりました。

ドモホルン(過去記事2020.3.17)の前にさしあたり。

 

 

 

 

| comments(0) | - |
すうがく講座

過去記事(2020.4.8)の続きです。

 

すうがくの講座を見たい!と言うので、Eテレを録画してみました。

ベーシック数学数学です。

 

見せてみると、

「YouTubeみたい!」と長男の第一声。

出演する男女ペアの掛け合いがそんなノリだったのでしょう。

たのしそうに見てました。

 

数学気呂舛腓辰箸爐困しそう。

「ベーシック数学だけの録画にしたほうがいいんじゃない?」と言いましたが、

√が出てきたものだから食い入るように見ている後ろ姿がありました。

すうがくの世界ワクワク。

 

でも、先日見た数学気諒源式がいまいちイメージつかめなかったみたいです。

そもそも倍速で見せたのがいけなかったのかも。

考えるための余白は与えないといけません。

 

さんすう刑事ゼロ(小4〜6)から、一気に高校へ飛んじゃうのかな?

中学講座ってないのかな?

高校講座のベーシック数学がそれなのかな?

ゆかいなノリのベーシック数学たのしみたいです。

 

 

イメージする力。

組み立てる力。

知恵を出し合って乗り越える。

知恵って尊いなーとコロナのニュースを見ながら日々思います。

 

 

 

| comments(0) | - |
ラヴ

ウィークデー、足早に食材を買い求めていると、

有線放送なのでしょう、曲が流れてきました。

 

「これってデリコさん?」

と思いながらいっしょに口ずさんだり。

のびやかで心地いいな。

 

で、週末の昨日、ステイホームで音楽番組つけてたら、

デリコさんが出てきて新曲披露。

「おお、あれはやはりデリコさんでしたか!」

 

同じく、きんきさんも出てらしたんだけど、

トークそのままの曲のオチに多少びっくりして。

 

デリコさんの、

アンニュイな小気味良さってすき。

 

気もちよく宙ぶらりんなのと、

中途半端にねらった感じはちがうんだなと思った。

 

 

テレビ時間ふえてます。

録画権のある私が、

子どもたちの「今のすき」に寄り添ってじゃかじゃか選んでます。

視聴途中に、

「録ってくれてありがと!」

と笑顔で振り向かれるとうれしいです。

 

 

 

 

| comments(0) | - |
カタカナお菓子

甘いもの大好きの次男と、

お菓子の出てくる絵本をよく読みます。

 

マドレーヌが出てきたことがありました。

「ボク、食べたことない」と言います。

「いや、1回は食べたことあるはずだけど・・・」

「食べてないし!!」と彼はやはり言い放ちます。

 

でも、それはそうかもしれない。

「これはマドレーヌていうお菓子だよ」

とそのときちゃんと伝えてないからだと思います。

 

「食べたい、食べたい、マドレーヌ食べたい!」

パンケーキな弾みで、しつこく繰り返してきます。

 

と、すばらしいタイミングで、

その週末にお義母さんから焼き菓子セットを受け取ったのでした。

 

「これ、おばあちゃんからもらったよ」

箱を開けながら伝えると、

「なに?」

「これこれ」

「え?もしかしてマドレーヌ??やったーやったーマドレーヌ!」でした。

これでちゃんとマドレーヌ覚えたね。

 

 

で、次はカヌレ。

絵本の中のイラストを指差しながら、

「これはカヌレというお菓子だよ」と説明。

マドレーヌほど食いつきがよくなかったのに、私が食べたくなって、

あのモコモコほこほこ食感を思い出したらむしょうに食べたくなって、

ネットで買いました。

贅沢。特売のを見つけたものだから、ひゃぇ贅沢。

 

みんなで食べました。すごく美味しかった!!

「ね、これがカヌレだからね!」としっかり子どもたちに教えました。

連れ合いがいちばん喜んでいましたけど。

 

 

続いては・・・

先日、なわとびをしていた次男が、

「見て見て!この結び目」

と見せに来ました。

たまたまプレッツェルでした。

 

ゴリゴリするプレッツェルも食べたいなー。

 

 

 

給食のありがたさ。

休校で食費が増えているように思いますが、

カタカナお菓子は、ごほうびおやつ。みんながんばってるから。

 

何より、

お店で食品を買うことができるありがたさ。

自宅でいられるありがたさ。

早寝早起きして、ちゃんと食べて、おやつも食べて、わらって、

健康でいよう。大事な病床をつかわないようにしよう。

 

働いてくださってる皆さんにありがとうございます。

 

 

 

 

 

| comments(0) | - |
ダジャレから愛

うまく絡めたら食いつきがよく、入ってるように思います。

なので、子どもたちには絡めるように絡めるようにしています。

 

先日子どもたちが見ていたクイズ番組で、

「英語でyで終わる月を4つ答えよ」

というのがあって盛り上がっていたので、

たまたま借りていた本、

チキンスープ・ライスいり-12のつきのほん-

をねじ出してみました。

 

「ね、yがあるでしょ?」とか言いながら読み始め、

「チキンスープ・ライスいり!!」を高々と読み上げ、

「テンション高っ!」と笑われながら読み進めます。

かいじゅうたちのいるところ』の作者の絵本です。

なんか楽しくって。

 

次男が気に入っていたので、

英語月の一覧表があったら喜ぶかもと本を返却する前に作り、

ついでだからと余白に「旧暦の月の名前」も加えていたら、

すかさず長男が反応。

 

0655でやってた!と言います。

録画して毎回チェックするも、まったく出てこないので、

YouTube(NHK公式)で一緒に見ることになりました。

『かなりくるしい だじゃれDE一年間』です。

 

それですっかり覚えてます。二人とも。

楽しいねー、ダジャレ。

 

絡めてつなげて芋づる式です。

楽しいのいちばん!!

 

 

 

 

 

| comments(0) | - |