PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
しずむ
自分がいやになることがある。
なさけなくて涙がでる。

ぐるぐるぐるぐる考えるわりに、
ろくなことにならず、
結果、ひどくおちこむ。

今回私におこったことは、
自分のだめな部分がここぞとばかりに集まったからだと思う。
よくない結晶、どうしようもないな。

もう無理するのはやめよう。
「きっとうれしいはず」は自分のできる範囲でするのがいい。

迷惑をかけてはならない・・・と、かたくなになるのはやめよう。
そのことでさらに迷惑をかけてんじゃん。

どうだ、この空回り。
あいかわらずで自分でもしんどい。

時間が経って、そのことをちょっと笑えるようになったけど、
だいぶん浮き上がってきてる気がしてるけど、
ここはきちんと反省しよう。
深く反省しよう。
犠牲は美徳ではないのだ。

すくわれたのは、
迷惑をかけた人たちが
この難儀な私の性格をのみこみ思いやってくれたこと。
ありがたい。


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
ねがう

平日の休み。
昨日は連れ合いと過ごした。
午前中は用事があって一緒に出かけ、
帰って来てから昼食をとり、何をしようかと考える。
 

連れ合いは小一時間ひとりで出かけて行った。
そりゃそうだ。
ときにはゆったり自分の時間を持ちたいはずである。
いつもお疲れさま。
 

私は子守りをしながら、ふて寝。
次男坊のダイビングボディプレスを時折受けながら、ふて寝。
寝ても覚めても心をよぎることがあって、それならばふて寝。

いつもそうだ。
悲しいこと苦しいことがあると、逃避するようにふて寝する。
ふて寝に走るよわい人間です。
この受け入れがたい出来事をどうしたらいいのか。
 
うっかり涙を見られて、長男坊に心配されたりして。
「どうしたの?あたま打ったの?」と今朝はなでなでされてしまった。
ダメ親だ。
強い心を持っていこうと決めたじゃないか。

昼に見慣れない番号で電話が鳴る。
出ると、高校卒業以来会っていない友人だった。
明るい話しぶりにちょっと驚いた。つらいはずなのに。
つい感情移入が激しくなり、声がつまった。
友人も泣かせてしまったかもしれない。ごめん。
見透かしなく心ある言葉がずきずき響いた。ありがとう。
痛みを知った人はやさしくも強いんだな。うん、がんばろう。

自分の好きなものをひとつ断つことに決めた。
願掛け。
 

| comments(0) | trackbacks(0) |
健全なこころ
盆休みに、思いがけず『暦の上ではディセンバー』を見た。
ベイビーレイズというリアルな人たちが歌っているのを。
前に!前に!で歌っていた。
その姿に少し胸が痛くなった。
劇中だからこそだなーと劇中のも見てないくせに思ってしまった。

はい、連れ合い録ってましたね、『あまテレビ』。
第一夜の途中まで見ていたようですが、
それ以降は進んでいない模様。
気に入らなかったか?
あまテレビ以降は録画していないようだけど、
もし気に入ったのならNHKオンデマンドで見るつもりだろうか。

視聴率がいいし、話題だから・・・が録画の理由みたいです。やっぱり。
小ネタに興味なさそうだし、ダイジェストで十分だろうけど、
「それって健全なテレビの見方ではない。」
と根っからのテレビ好きの私は思う。
「そんなんでテレビを見てくれるな。その時間があるなら私に分けてくれ。」
と根っからのテレビ好きなのに、近ごろちっとも健全な見方のできてない私は思う。




お盆は実家に行ったり、親戚が集まったり、いろいろあった。
うるさくするわけにはいかないので、子どもを抱いてあやす場面も多くなる。
私があやしていて、泣きが長時間になると連れ合いが引き取ってくれる。
そんなとき「あ、泣き止んだ」と必ず言われる。
連れ合いの親に嬉々としてつぶやかれる。
育児はたいへんである。
泣き止ませるだけが育児ではないのに、
そこにいちいちへこんでしまう私は疲れているんだろうか。




お盆過ぎに、数ヶ月持ち歩きをしていた大仕事を終えた。
ホッとしてもいいはずなのに、ずずんと落ち込んでいる。
いいパフォーマンスができなかった自分にひたすら落ち込んでいる。 
私のいちばんダメなガサツさが最後の最後に出てしまって、
とにかく落ち込んでいる。
またも自己否定全開。


健全さを取り戻したいぞーの話でした。


| comments(0) | trackbacks(0) |
サンクチュアリ

心にくるしいことがあると、
置いて来たものまでよみがえって、
よみがえりすぎて怒りに変わったりするからいけない。

そして怒りがため息に変わって、
それがふわふわと漂いはじめる。

漂いながら、
すきな人、会いたい人、助けてくれた人、わかってくれた人、
そんな人がゆらゆらする。
思い出にゆらゆらしたりする。
ゆらゆらして、そうしてぼんやりと沈む。

沈むの得意だなーと自分で笑う。
泣くのも得意だなーとも笑う。


たぶんさ、
私のことをとべない鳥だと見くびっているんだ。
うたえないみにくいカナリアだと思ってるんだ。

フフ、そうかもしれないけどそんなの気にしない。
スロースターターなのはいつものことじゃないか。
長い助走をたのしむんだ。
ペースを乱されないようにするんだ。
心のサンクチュアリ、きっときっと見つけるんだー。

| comments(0) | trackbacks(0) |
万年二番手
「二番手や三番手だったら気を遣うけど、主役だと自由にしゃべれてメチャクチャ楽しかった」

主演した映画の舞台挨拶での鶴瓶の言葉。
(→映画『ディア・ドクター』 注:音あり)

この人は二番手三番手の役割を分かっている人なんだなとちょっと感心した。

ときどきテレビを見ていて、
二番手三番手のポジションにいるときでさえ、
いつもの一番手オーラを出しまくりの人がいて、引く。

と同時に、
鶴瓶は一番手になることも二番手になることもできるすごい人なんだと思った。

私はどうだろう。
一番手になれる力もなく、また華もなく、
万年下位にとどまっている。

尊敬する「ボス」がいて、
的確な判断をもらえて、
でも意見は言えて、
ちゃんと見てくれてて、
必要としてくれてもいて、
そんなのに安心するところが私にはあって、
好きな友人知人に年上が多いのはそんな理由かもしれないです。

でもそんな子分気質が裏目に出るのか、
控え目だと言うと聞こえがいいが、
積極的で能動的な動きに欠けるところがある。

「いいですいいです」
「遠慮しておきます」
「私は大丈夫です」

身を引く。
暗い性格もあって端っこへ身を置く。
私より輝く人が輝いてくれればいい。
大切な人がしあわせになってくれればいい。

ちょっと大げさか。

選挙も終わり、政権交代だとか。
第一党も第二党も
「本質」を見失わないでやっていってほしいです。
| comments(0) | trackbacks(0) |
せつない
せつなくなると、
おなかのあたりがもやもやして、
「おかあさーん」と口が動いています。

と言っても、
自分の母の顔が浮かぶわけではなく、
「おかあさーん」という言葉だけがつい出てきます。

幼稚園の先生をうっかり「お母さん」と呼んだ話は聞きますが、
私は連れ合いのことを、
「お母さん」と呼ぶことがあります。
「お父さん」と呼ぶこともあります。
無意識に、です。
怖いですか。怖いですね。
いやー、もうすっかり家族。

今朝もなんともせつなくて、
目覚めたときの天気がどんよりしていたせいか気持ちもどんよりで、
「おかあさーん」てなって、
あーーって逃げたくなったり、
うーーって内にこもったり、
いろいろしています。

人は往々に楽観的なところがあると言いますが、
でも現実はそうもいかなくてもどかしくなるものです。
私もまた然り。

選挙だの、
デートだの、
果物狩りだの、
さわがしい世の中ではありますが、
だいじょうぶです。
私もそろそろ浮上です。
 
| comments(0) | trackbacks(0) |
ふわふわ
週末断食をした。 
ときどき深く悶々として、
もともと内向的である上に、
もっと奥に奥に内向的になってしまうときがあって、
「食べたくないな」となるのです。

特に何か見えてくるでなく、
しばしの断食は終わりました。

断食後にはじめて食したゴーヤはいつも以上に苦かったし、
しじみ汁は身体のすみずみに染みた。

ああ、やせてるのが分かる。
こわごわと体重計に乗ってみると、
そうびっくりするほどやせていたわけではなかったが、
体重のあとに出てくる体脂肪には少々驚いた。
引き締まっているのだろうか。
いや、みすぼらしくなっているんだろうな。

リセット。
断食をすると、
「ま、いっか」とふわふわといい感じに力が抜ける気がする。
めっさ草食系。

今週もはじまったばかり。
がんばるのだ。
| comments(2) | trackbacks(0) |
デラックスな心
連れ合いが体重計に乗ってはため息をついている。
減肥茶の効果が出るのはもうまもなくなのだろう・・・。

「うちの秤(はかり)、エラーが出るようになったのよ!」

この前の『しゃべくり007』でのマツコ・デラックスに笑った。

「秤」て。
コンテナの大玉スイカか、動物園にいる小象が浮かんでしまった。

マツコ・デラックスはデラックスだと思う。
たぶんやさしい人であると思う。
そして、体に似合わず繊細で小心なところもあるように思う。

彼女は(彼は?)そんなこんなな自分のことをよく知っていて、
だからその発言はリアルなのだろう。
辛らつであったとしてもそこには安心感がある。

気のちっちゃさを、
見ないようにばれないように自分で認めないでいると、
水面下の水かきなような、
お山の大将なような、
そんなにおいがしてならない。 

そんな人の番組は見ないことにしている。
身につまされて苦しくなるからだ。
私もまた気のちっちゃな人間であり、内弁慶だろうなーと思っている。
| comments(2) | trackbacks(0) |
いきおい
「次期社長」
勢いが感じられる四文字だなーと思った。

これまで幾度か新聞やネットで目にしていて、
今朝、その次期社長が社長になったとニュースでやっていた。

「税を納めるという最低限の務めすらできない状態。悔しい思いでいっぱい。」
と語り、
「2年ほど厳しい環境が続くと思うが、1期でも早く利益を出して納税するのが私の第一の仕事。3期連続の赤字を回避するためにできる限りの手を打つ。」
と続けていた。

厳しい船出。
でも勢いを持ってがんばってほしいぞ、新社長。

そんなこんなで朝はバタバタしながらもテレビがついている。
うちはなぜかTBS。
すると、
どうにも気になるアナウンサーが2人ほどいて、
言い間違いが聞こえたりすると、
「またかよ!!」とついつい口に出るものだから、
「何でそんなに・・・」と連れ合いに言われたりする。
いや、少なくないと思う。言い間違い。
新人であれば私も長い目で見るけれど、ちょっとどうだ。

きっとまっすぐな人ではあるのだろう。
伝える内容に敏感に反応するアナウンス。
まるで学校で朗読のうまかった子みたい。
明るい話題は飛び跳ね気味に、
暗い話題には一気に沈むトーン。
朝からコースターに乗せられているような気分になる。
間を十分すぎるくらい取り、ため気味にしかももったいぶった話しぶり。
かと言って、イレギュラーにはめっぽう弱かったりする。

もんたに圧倒されて緊張感があるのはよく分かる。
分かるけど、内容を上っ面だけ押さえて空回りしているときはことさら気の毒。
単なるアナウンスだけでないスタンスで行くのなら、
もっと深いところまでキャッチした上でがんばってほしいです。

近頃の「うまい流れでやってます」な番宣もどうもいただけない。
ナチュラルだと思ってるのはそちらだけであって、
それなら大胆不敵にやってもらったほうがこちらとしてはまだ気持ちがいい。

早過ぎるとも感じてしまう方向転換も、
もっと腰を据えてみたらどうだろう、TBS。
勢い余る瞬発力は見るに堪えないときがある。
勢いも「基盤」があってこそだと思う。
| comments(0) | trackbacks(0) |
飛ぶ力
長い散歩に出ていました。
こころの散歩。

ひとから「気をつけて」て言われてたら、
思いがけず白羽の矢。
私ですか?

私一人のことだったら、
しばらく悶々としながらも「こんにゃろ!」て思うんですけど、
まわりの大切なひとも傷つけたかと思うとすごく胸が痛い。

それをふわり飛び越えるくらいの幸運を切に祈ってて、
ばかな私はまだあきらめていない。
でもあまり期待しないでおこうと思う。
今の私にそれだけの飛ぶ力があるかどうかは自分がよく分かってる。
きっちり力をつけておこうとこの2月の終わりに誓う。

いろんな矢がいろんなところで放たれているものだ。
負けてはいけないのだ。
そして逃してはいけないのだ。
一人メロンソーダを飲みながら思う。
| comments(0) | trackbacks(0) |