PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
読みましょう読みましょう

昨日見たネットニュース。

 

女優、有坂来瞳(くるめ、37)が

今月11日に東京都内の病院で

第2子となる女児を出産していたことが26日、分かった。

 

女優なのかーと思ったのと同時に、

Eテレ『てれび絵本』のことを思い出しました。

今週木曜の放送の語りが彼女だったからです。

 

子どもたちが興味を持ちそうなタイトルのときに録画しては、

横でながら聞きをしています。

「あ!あの人ね」とすぐ分かるときもあれば、

「え?誰?」と名前を確認して驚くときもあります。

 

有坂来瞳のそれはよかったのです。

この番組、たぶん、再放送を繰り返しているように思うので、

録ったとき彼女はまだ独身だったかもしれない。

母になってなかったかもしれない。

でも彼女の語りよかったです。絵本と合っていました。

 

最近では、年末に放送された『ちいさなくれよん』がすごくよかった。

こんなせつないのすき。胸がきゅっとなる。

その語りは永作博美でした。

 

この『てれび絵本』は語り手の力量が出るように思いますし、

絵本と語り手の組み合わせの妙も大いにあるような。

うまいなと思う。

 

 

私も毎夜、子どもたちに絵本の読み聞かせをしています。

 

ある小学校教諭の人と話をしたとき

絵本の読み聞かせをしてもらっていた子は、

小学校に上がってからの言語力の伸びがちがうらしいです。

 

そうなのかーと、より熱を入れて読み聞かせをしているわけですが、

私自身もたのしんでいます。

 

子どもに選ばせた本が意外におもしろかったり。

先週、次男坊が手にしたお菓子作りの本。

カラフルな写真が目にもたのしかったですし、

「こねる」「型で抜く」など語彙も増えるのかもしれないなーと思いました。

 

園から借りてくる本はアンティークな掘り出しものがあったり。

とくに昔話がいいです。

擬音語や擬態語の豊かさに、ほっこりすることが多いです。

 

・じいさまが「じゃいこーじゃいこー」と木を切って

・ばあさまは「ふくふく」喜んだ 

・二人で「ほこほこ」喜んだ

・「ぺったらぺったら」餅をつく

・桃が「つんぶくかんぶく」と流れてきて

・桃が「じゃくっ」と割れて

 

いいでしょ?なんか。

 

絵本はいいですね。

本を読む習慣のまるでない私にもありがたいことです。

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
演じる

Eテレ『昆虫すごいぜ!』。

10月10日の「体育の日」のその放送を録画しないわけがありません。

うちの長男坊、虫だいすきですから。

で、その番組名になぜかついている冠が気になる私なのでした。

 

30分番組。

さぞ・・・期待していたらそうでもなくて、

力の入れ加減、だいぶん間違ってて、

また見たい!と子どもたちが言いそうにないリアクションだったので、

即削除のところを、ブログに書くかもなと残しています。

でも、再び見ることなくコレ書いてます。

 

番組名の冠さんである俳優のはしゃぎっぷりがいただけない。いたい。

 

ずっとあのテンションのままで冠さんが動いていたのか、

Eテレのほうが浮かれ踊って編集したのかは定かではありませんが、

石澤典夫のナレーションにごめんなさいとさえ思う。

どうした?Eテレ!!

 

そんな中、ある民放番組のテレビCMをたまたま見ました。

『昆虫すごいぜ!』に至るきっかけになった番組みたいです。

そのCMの中で「Eテレに密着」な内容が流れています。

 

うぉう、犯人の一人はおまえかっ!!!

 

民放カメラもあってのあのテンションだったのかも。

演者は大変だ。

 

今回、「トノサマバッタ」編でしたが、またやるのでしょうか?

やったらある意味、勇気あるな。

番組名からしてあわてて作った感がありますけど、

NHKと民放のなれ合いがいよいよいたくなってきたぞ。

 

当の冠さんったらね、

巨樹をすきだと語るある俳優さんに、

「Eテレで番組作ってくれますよ」発言をしてましてね、

ま、NHKのトーク番組内でのことであり、

『昆虫すごいぜ!』再放送の宣伝もありましたので仕方ないのですが、

たたみかけられたようで私はますますしんどくなってます。

でも、これって冠さんご自身がしんどいことに直面しているからかも…と同情。

どうか負けないでください。

 

 

いろんなものが見えてしまうテレビ。

ちょっとしずんでしまったところで、次は華やかな女優さんの話。

 

吉田羊。

ドラマもよく出ていらっしゃっるようで、私ちっとも見ちゃいないんですけど、

CMでは彼女をよく拝見します。

 

昨日たまたま見たのは、柔軟剤のCMです。

男性と落ち合うシーン。

その男性とは恋人同士なのか夫婦なのか友人関係なのか、あれこれ想像できました。

それってすごいことだと思います。

ひとつのCMで幅広い層にうったえられそう。

 

彼女が年齢非公表だからでしょうか。

きれいな顔立ちにさばけた性格(のように見える)が一層そうさせるのでしょうか。

CM向きな人と言いますか、お得だと思いますよースポンサーさん。

 

 

 

以上、子供向け番組とCMぐらいしか見られてない人間のテレビネタでした。

失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
サボ&ガチャ

公開放送に引き続き、ロケにまで出るようになった『みいつけた!』。

もう大したものです。

「なぜに椅子?」と当初は手さぐり感ありありのように見えたんだけど、

キャラクターづくりがもともとしっかりしてたんだなーと感心します。

 

そのロケでね、サボ子さんがたいへんはアトラクションに挑んでまして、

同じ緑色だからでしょうか、

「2代目ガチャピンかっ!!」と激しく突っ込んでしまいました。

たいへんすばらしかったです。

 

あのロケ先はどこだったんだろう…と気になっていたところに再放送!

だったのですが、

「公園に来ています」とサボ子さんは言ったきりで、

詳細は教えてくれなかったよ、NHKさん。

 

調べてみました。

ここです → 伊豆ぐらんぱる公園「ジップライン」

サボ子さん、まさに風になってましたから。

 

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

椅子(いす)と伊豆(いず)を掛けてのロケ地決定です。

そんな荒々しさにいきおい感じるわー、みいつけた!

 

それにさ、

クドカンとかトータス松本とか山崎まさよしとか、

パパになった人にオファーしてるところが上手よね、みいつけた!

 

みやけマン(三宅弘城)が朝ドラに、

オフロスキー(小林顕作)が大河に、

と活躍が広がってるのもすごいことだと思う、みいつけた!

 

私は私は、

サボさんの声と操演(佐藤貴史)がいちおしです。

もう『いないいないばあっ!』のワンワンに並んだと思う。

 

 

シルバーウィークにジップラインで風になりたいところですが、

台風が心配です。

被害が出ませんように。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
すべては「あ」から始まる
「また ”あ” かよ!いつになったら ”い” になって ”う” になっていくんだよ!」

デザインあ』という番組。
Eテレでやってます。

この番組が始まったばかりの頃だったと思います。
そのタイトルを番組表で見て気になりつつも、
あいうえお、かきくけこ・・・と順を追って続くんだろうと勝手に思い込んでいて、
「まだ ”あ” だよー」とスルーしていました。

今では親子で楽しんで見ています。
ずっと ”あ” という名前でやってる番組です。


先日の放送で、「禁煙」を表すデザインをやってまして、
その日の夜に子どもたちとお風呂に入ってますと、
長男坊が曇った鏡にそれを書きました。

「たばこダメ!だよー」
と言ったかと思ったら、
「赤ちゃんがいる女の人はたばこダメだよね」と長男坊は続けました。

そだね・・・と言いながら、
そんなこと誰に教わったんだろうと思っていたら、
「女の人が(おなか押さえながら)うーーってなるもんね」と言いました。

あ、あれかっ!!

コウノドリ』ていう産科医のドラマで、
止められているたばこ吸った妊婦さんが緊急搬送されるのがあったな、って。

『コウノドリ』も親子で見てたんです。(→2015/11/14ブログ

湯船につかりながらあれこれ話していると、
「たばこ吸ったことある?」と最後に私にたずねてきました。

「ないなー、たばこを買うのにはお金かかるし、それだったらアイス買って食べたほうがいいな」
と答えました。

「ボクもアイスがいい〜!!」
次男坊が激しく賛同。


子どもが何かを投げかけてきたときは、
ちゃんと拾って、それなりに掘り下げて、
せっかくのタイミングなんだから話しておきたいなと思うようになりました。

まだまだ幼いけれど、
それなりに受け止めて、理解して、自分のものにしているんだからびっくりします。

もう5歳と3歳。
子ども扱いしすぎないようにしようと最近つよく思います。
親のほうもおかげさまで少しは成長していて、心に余裕が出てきています。
ありがたいことです。



 
| comments(0) | trackbacks(0) |
春をみいつけた
Eテレの公開放送に行けるならば、
私は『みいつけた!』がいいです。

ちょっと前に、その『みいつけた!』の公開放送をテレビでやっていました。
たぶん初めてだったと思います。
それを見ながら「出世したねー」てうれしかったです。

サボさんとオフロスキーのアドリブな掛け合いがたいへんよろしくて、
そこにコッシー(声:サバンナ高橋)も乗っけたいところなんだけど、
コッシーは椅子だけに身振り手振りがとぼしく、からませづらいんだよねー。そこ残念。


もう何年も前のことです。
オフロスキー演じる小林顕作のことを
「オフロスキーでおなじみの…」とテレビで紹介をしている人がいましたが、
私には十分おなじみでしたけど、
それがNHKの番組だったらですけど、
他局ですしね、たぶん「オフロスキーと言われましても」な空気だったと思います。

7年目にして公開放送ができるようになった今こそ、
「オフロスキーでおなじみ」と言われたらピンと来る人多いといいなー。


3月の歌『グローイング アップップ』はちょっと切なくてよかったです。
うちの子どもたちも好きみたいでした。
宮藤官九郎×星野源×三宅弘城ですからね。
ちゃーんと「椅子」だし、
そこに「別れ」を入れ込むクドカンはやっぱり分かってる人だと思う。


もう4月。
春はいいですね。
明日はみんなで出かけます。
春をふわふわする時間もいいですね。




 
| comments(0) | trackbacks(0) |
新年度ですね
『マッサン』が終わりまして、
新しい朝ドラ『まれ』がはじまりました。
父親役になんと!大泉洋ということで、朝ドラ視聴が続いております。

まっすぐで一生けんめい、
でもひたすら明るくて、しかもたくましい、
そんな人がすきで、私にはまぶしすぎるので、
ときおり涙をこぼしながら見ちゃってます。


子役の女の子、かわいいなー。
手足がすーっと長くて、近い将来美人になりそう・・・。
あ!まさか彼女が卒業???
とあわてて調べてみるとやはりそうでした。
いないいないばあっ! 』のゆうなちゃん卒業です。
彼女もまた美人になりそうな女の子だったのよねー。

Eテレの卒業が続々。
みいつけた!』のスイちゃんもそうだし、
クックルン』は総入れ替えなんですか。
ワサビと阿藤快が好きな末っ子クミンのネタ、
書きたかったのに間に合わなかったなー。

春は別れと出会いが交差しますね。

冬の間は、
その気候に紛れるように紛れるように、
ぼんやりした平穏を漂わすことができたのですが、
あたたかくなってきたとたん、
「こんないい季節なのに…」と切なさがドスンと押し寄せたり、
草木の息吹に目をそらせたくなったりするときがあります。

季節がめぐるように、思い出もまためぐるのだから仕方ないです。

だけどそこは、
「まれ」のように明るくたくましく、
強い気もちで立ち上がる春にしたい。
がんばります。

大泉洋のせいで頭をくるくるにされてる一徹くん、
大変じゃなかろうか。
がんばれ。


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
すきですから
何がうれしいかって、
まさに我が子とともにEテレが見られること。

あれは私が20歳になるかならないかのときだったと思います。
親戚のお姉さんについつい細かい話を披露してしまい、
そして盛り上がり、「よく知ってるね〜」とほめられたものです。
そのお姉さんの子である2歳児が舌足らずに口ずさむ歌にもすぐ反応でき、
すっかり打ち解けたものです。

あれから時が流れ、私も親になりました。
これまでの分厚い基礎が私にはありますから、今も全力速攻で楽しめています。
ネタの宝庫、Eテレ。
すきですから。



うちの子どもたちがすきな『ピタゴラスイッチ』。
「ピタゴラ装置アカデミア」が特にお気に入りです。

装置の作り方を教えてくれるコーナーなのですが、
   ・なんか適当なものに
   ・このくらいの長さ
   ・6個ぐらい
   ・深めの
と、説明のアバウトさがのんびり口調と相まってなんとも心地いいです。
「入り口」はこんぐらいがいいんだろうねーと思います。



初代子役たちが公開放送にさえ出演しなくなるほど年月が経ち、
歌番組化しつつある『にほんごであそぼ』。

まじない言葉の歌「モシャシャ」はうちの子どもたちもすきです。

そうかそうかー、だから衣装が黄×青なのかー。
だったら最後の「な〜し!!」のところでふなっしーを登場させてほしかった。
そんくらいのこと今のNHKならできるでしょ。
でもそれをしないEテレの奥ゆかしさ。
時折入れてくるスペシャルサービス。
すき。

にしても、ふなっしーは大出世だな。
FNS歌謡祭で、
コラボするアイドルグループに黄×青の衣装を作らせたみたいよ。
そんなふなっしーを呼ばないEテレの強さがやっぱりすき。



先日、生ダイゴが登場して驚いた『みいつけた!』。
オスワル王子の声の出演時にスタッフ受けがよかったのかな。
性格よさそうな気がするし、快諾もしそう。

「どんぐりころころ」をロック調で歌う姿に長男坊は大うけ。
「サボウィッシュ!!」に至っては、
今日も思い出したようにうちの子どもたちやってたな。

当初、手さぐり感が見られた『みいつけた!』ですが、
さまざまな「挑戦」が、
今、色とりどりの花を咲かせています。
トレビアンです。

でも今週から気になっているのはスイちゃんのこと。
あのときもそうだったな、初代スイちゃんのとき。
今週はやたらスイちゃん中心だなー思ったら、卒業だった。
そんなことも気になる春となりました。

我が家は春からの大きな変化はなさそうです。
だったらしっかり日常をがんばろうと思います。
春よ、ウエルカム。

 
| comments(0) | trackbacks(0) |
ばぼーん!
引き出しに白飯。
なぜだ?
なぜここにほんのりあったかい白飯が。

朝の支度はいつもばたばた。
でも連れ合いとのすばらしいコンビネーションで乗り切ります。

子どもたちに幼児番組を見せている間に、彼らの朝ごはんの準備。
すると次男坊が私を呼びます。
にかにか笑いながら両手を広げています。

ちょうど画面では、二人でやる手遊び歌。
次男坊はそれを一緒にやろうと私を呼んでいるのです。
もちろんつき合います。
忙しくともつき合います。

手遊び歌が終わり、満足顔の次男坊を見届けてから再びキッチンへ。
そこで見つけたのが冒頭の白飯です。
冷凍ごはんを解凍し、それを茶碗に入れようとしていたときに次男坊から呼ばれた私。
あわてて次男坊のところに向かったので、引き出しの中にこぼれてしまっていたようです。
「ね、はじまったよ!やろうよやろうよ!」の次男坊のあんなキラキラした目を無下にはできません。

うちの次男坊はノリのいいやつで、
幼児番組を見ていても、いっしょに歌ったりおどったり、なかなかやります。
おかあさんといっしょ』の体操、4月から新しいのになりましたが、
すでに同じタイミングで掛け声をかけ、両手をあげ、マスターしつつあります。

この「ブンバ・ボーン!」という名の新しい体操。
実にいい体操です。
片方でやったらもう片方でもう一回…と繰り返しのある安心感。
たのしいアニメでのフォローもいい感じ。
覚えやすいし、体が動かしやすいです。
スタジオのお友だちも最初からついてきてましたから。
最後のほうで他のお兄さんお姉さんも加わるのですが、
お兄さんお姉さんたちもやりやすそう。
前バージョンのが何をねらってなのかへんにこむずかしかったので、強くそう思います。
だって、最後の最後までスタジオのお友だちもあったまってなかったような気がするし。
子どもには「達成感」って大事。
なので今回の体操は◎です!!(おめぇ何様?)

長男坊もこの体操は楽しそうに見ています。
見ている???
そう、とにかくやってみるタイプの次男坊とちがって、
長男坊はじーーっと観察するタイプなのです。
今でこそ、そこそこしたりしますが、次男坊と同じ月齢のころはまったくでした。
だからリアクションのいい次男坊は見ていて楽しいし、いとおしいです。
でも慎重な長男坊もこれまたいとおしいです。私に似たんだろね、そこ。


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
ぼよよん、て

23日の祝日のことです。
子どもたちと『おかあさんといっしょ』を見ていました。
クリスマススペシャルをやっていて、
中西圭三がゲストでした。

「ぱわわぷ体操」つながりねーとなんとなく見ていましたら、
お姉さんが「ぼよよん行進曲」と曲紹介をしました。

ぼよよん、て!
とちょっと笑いました。

そして・・・泣いてしまいました。

なんですか、この曲の歌詞しみじみしますねー。

いえ、曲名は知らなかったんですが、
この曲なら以前から知ってます。
のびやかなメロディが気持ちいいなーって。

だからこの日も気持ちよくハミングなんてしてたのに、
なぜか歌詞がくっきり入ってきて、泣けてきました。

たぶん、
これまで見たときは曲名が文字紹介だったのが、
この日はお姉さんの声紹介だったものだから、
「ぼよよん」に立ち止まって、
「ぼよよんの意味をさぐれ」と耳が働いたからかもしれないです。

そしてたぶん、
今の私がもっと「強い心」をほしがっているからかもしれないです・・・。

昨日のゲストは濱田理恵という人でした。
聞きやすくていい声だったなー。

今日は坂田おさむみたい。
やはり大御所登場!
「これも坂田おさむ、あれも坂田おさむ」てぐらい

曲いっぱい提供してるもんねー。


Eテレもクリスマス一色。


昨晩は我が家もささやかながらパーティーをしました。
 

長男仕様


ケーキはわいわい言いながらデコレーション。

生クリームとあんこのダブル使いにしたのは、

長男坊があんこ好きのため。


ツリーに見立てたサラダもまた、
長男坊がポテトサラダ好きのため。

 

白菜一玉あったから

そしてクリスマスっぽくない土鍋料理。
白菜一玉もらったから仕方ないのよ、星をちりばめたから許してねバージョン。



本腰でケーキを食べさせるのは初めてだった次男坊。

1ピースをぺロリと食べました。
おいちぃポーズ(頬に手をやる)を連発しながら。

食欲旺盛な子で、
お皿がからっぽになったら毎度毎度

「もっとほしい!もっと!!」とばかりに泣く子なのですが、

昨晩はケーキに満足したのかご機嫌でした。

よかったね。


さ、そろそろ枕元にプレゼント置きますかね・・・。

メリークリスマス。
皆さまのところに幸せが舞い降りますように。

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
攻めていく
あれは夏休みだったでしょうか。
すてきな番組を2つ見つけました。
得意のEテレです。


お伝と伝じろう』。
とってもスタイリッシュ!
番組内のキャラクターかと思ったら(ガッツ王子みたいに)そうではなく、
出演者自身のキャラクター有りきで番組を上手に作った感じです。
レ・ロマネスクさんというそうです。
私はこれまで存じ上げなかったのですが、
欧米を中心に活動する日本人パフォーマンスデュオだそうです。

伝じろうさんのほうはトークが立つなと思いました。
賢くて器用そう。ついでに声もいい。
なのでバラエティとかのフリートークもいけそうなんだけど、
あのキャラクターをいい方向にイジってもらえるかどうかだな。
それでいくと、「今回うまく使ってくれてありがとう、Eテレさん」だな。



もうひとつは『歴史にドキリ』。
中村獅童のやつ。
歌って踊って、歴史について教えてくれる。革新的。
衣装もメイクも音楽も手抜きなしで、
獅童が全力投球だし、いい感じに楽しんでもいる。

山本耕史との「武田信玄×上杉謙信」の回が実にすばらしかった!!
わくわくした。見てて楽しかった。
そして、クドカンの描く大河ドラマがうっすら見えた気がした。
こんな方向の大河も今のNHKなら・・・てちょっと。



いやーいやー、『あまちゃん』終わってしまいましたね。
最終週だけはきっちり見させてもらいました。
よかったです。
鈴鹿ひろ美が歌った回がひじょーによかった。
三代前からマーメイド・・・。

クドカンはNHKでも天才だなという感想。
苦労したろうと思う。
でもそれを受けてのNHK制作陣もまたよかったんだと思う。
クドカンをむかえるわけだから、それなりの覚悟とチャレンジだったはず。
結果、すごい視聴率でよかったね。
あまちゃんブームを受けてのNHKのふわふわしたはしゃぎっぷりは残念だったけど。
『あさイチ』のオープニングだけにとどめておいたら奥ゆかしかったのに。

もし私が「潮騒のメモリー」のCDを買うなら薬師丸ひろ子のです。
彼女の歌声はいいですね。胸にずどんと来ました。
連れ合いはリリースしている小泉今日子のほうがいいってさー。
 
| comments(0) | trackbacks(0) |