PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
月を仰ぎ、雨に潤う

タイトルについ惹かれることがあります。

 

そこらへんあらあらしくまっしぐらなところがあって、

小学校低学年ぐらいだったか、

タイトルだけ見て、その本を買ってほしい!とねだったことがあります。

本なんてあんまり読まない子だったので(今もだけど)、親も喜んだのでしょう。

買ってもらったことがありました。

 

なのに、タイトルから想像したのとはまったく違う内容で、

びっくりするほどすきな本ではなかったのでした。

ダメだー、私の勝手の想像力。

 

 

先日、目にした映画のタイトル。

『キツツキと雨』

あ、ちょっと見てみたいな・・・と思いました。

あらすじを読んだのですが、時間に余裕がないので見るのをやめました。

 

そう言えば、似たような感じの映画のタイトルあったな。

ああ、『月とキャベツ』だ。

こっちは以前、見たような気がする。

 

 

私ってさ、『〇〇と〇〇』てのに惹かれるのか?

「どんな組み合わせなのよ、それって」という意外性に惹かれるのか?

・・・と思っていたら、

そーだ、私って、「雨」と「月」をこよなく愛する人間だからだなと納得。

 

もちろん意外な組み合わせといういうのもあるし、

好きを重ねただけの『月と雨』の組み合わせだったらスルーだろうし。

 

月と雨が、

ときおり私の人生にいろどりを与えてくれたらいい。

 

 

つい先日、家族4人で想定外の夜ドライブに行くことがありました。

ハンドルをにぎっている私の横で、次男坊が指差しながら言いました。

「見て見て!!月きれいだよー」

 

ある日の満月の夜には、実に美しい月がのぼってまして、

私は見上げながら、ふうっと大きな深呼吸をひとつすると、

家の中にいた子どもたちを呼び出しました。

「おーい、お月さまきれいだよー」

 

 

雨も降ります。

一雨ごとやさしくなり、春になり、

花を散らし、作物をはぐぐみ、暑さを飛ばしてくれるでしょう。

 

光につつまれた季節が皆さんのもとにやって来ますように。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
2018

「2017年になってる!」

 

昨晩のおふろ上がりのことでした。

パソコンのデジタル時計が20:17になってるのを指差して、次男坊がそう言いました。

 

「今年、2018じゃん」

と捨て気味に返すと、

 

「ほら、2018になった!!」

とタイミングよく進んだ時計に目を丸くして伝えてきました。

 

 

そうです、年が明けました。

2018年です。

おかげさまで無事に迎えることができました。

 

新年の第一週にして、すでに疲れが隠せない私です。

なんとか、ホントなんとか、年末年始を乗り切りました。

ありがとうございます。

 

とにかく子どもたちがとても楽しそうだったので、よかったです。

お正月はいいものですよね・・・。

 

さて、連休明けからギアを入れなおしてがんばります。

自分のペースでやっていきます。

 

 

皆さまにとりまして、すてきな一年になりますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
ゆく年

いよいよ今年がおわります。

「もうかい?」とびっくりしたままで思うように事が進まず、

最後はいつもしずかにしずかにいってしまいます。

さようなら、今年。

 

私の今年は、嵐のようでした。

いろんな風がふいて、荒れたときがあります。

でも、やさしい風になごむときもありました。

 

自己嫌悪がいちだんと甚だしい年でもありました。

うんざりを超えて笑えるぐらい。

でも今年も自分の精一杯でやりました。

課題は山のようにありますが、またひとつまたひとつがんばります。

 

そして自分をもっと強く持って、

ちょっとでも余裕も持てるようになりたいです。

 

まだまだ修行です。

でも笑い合って修行します。

大切なひとたちをもっともっと大切にしながら。

 

今年もありがとうございました。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
うごいている

いつもは足止めされない信号で止まった。

 

あれ?ここのお店・・・。

店内ががらんとしている。

 

たぶん釣具屋さんだったはず。

猫が店頭の釣り餌のそばでたわむれてたな。

そばにいた店主らしい人が追い払うでもなく、たぶん飼い猫なのでしょう。

「ここの猫って食べ放題でしあわせだな」と心でつぶやいたように思う。

 

あれからずいぶん経っているのだから変化もする。

うごいている。

 

私もうごいているのだろうか。

ここしばらく足ぶみだけしているような気がする。

進んではいないにしても、うごいてはいる。

 

がんばろう。

 

明日から連休ですね。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
やめたい

やめたいものありますか?

 

わたくし、

「声を張る」のやめたいです。

芸人ばりに張るのはもうよそう。

寡黙な大人になりたい。

 

ゴリラのお父さんはこうするそうです。

子どもたちがじゃれ合いから本気のケンカをはじめると、

のっしのっしとやってきて、

間に入ってじっと目を見つめるそうです。

そうやってケンカを止めるそうです。

(写真絵本シリーズ『ゴリラ』より)

 

 

なんだよー、このかっこよさ。

 

近ごろ、疲れてるんです。

どうしてだろ?と考えてみたら、

声を張ってるからでは???という結論になりました。

 

ゴリラのお父さんに少しでも近づければ。

その前に、大きな何かが足りてないんだと思うんですけど。

子が借りてくる本にはいろんなメッセージが入っています。

 

先日、長男坊が借りてきた本↓

 

カニがすき

 

動物・虫など『生き物』系の本がすきなので、

「こんどはカニね」と話しかけると、

長男坊が述べる「借りてきた理由」にちょっと引きました。

 

『生き物』ではなく、『食べ物』であって、

とにかく彼はカニが食べたいんだそうです。

 

いやいやこのカニは食べられないって!!

と、またも声を張って言ってしまいました。

 

冬になったらカニのお店に連れて行ってやりたいです。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
図らずも

土用の丑の日です。

うなぎですか。

うなぎですね。

 

昨年の話です。

天然ものの立派なうなぎを食べることができました。

図らずも。

 

「うなぎ→ごちそう→パワーもつく」てなもんで、

実に分かりやすい考えを持つ父から、

しょっちゅう差し入れしてもらっていまして、

昨年の土用丑の日近くも持って来てくれたのでした。

 

このうなぎって賞味期限長いなーと思いながら、

真空パックになっている商品もこれまで見ていたので、

大事に冷蔵庫へ入れておりました。

 

いよいよ当日。

しかしながら食べられる姿ではありませんでした。

 

賞味期限はまだ20日以上先。

なぜだーっっ。

うちで買うような価格ではなかったので貧乏性の私は一気に悲しくなりました。

 

「お店に言った方がいいよね?」

連れ合いに投げかけます。

 

そんなときは怒りで奮い立つタイプの連れ合いなので、

私の考えに賛同してくれて、

なんなら自分が電話するわーなんて言ってくれるはず。

 

と思ったら、です。

「そちらの保管状態がわるかったんでしょ?」で終わると思うよ・・・という意見。

 

そ?そうなの?

 

いやいやおかしいって!!!

シュークリームの代金が10円高くレジが打たれたのにすばやく気づいて、

きっちり訂正してもらってた連れ合いが。

ね、諦めるの???

 

で、受話器を手にしたのは私です。

「常に謙虚で」が信条である私は、問いかけ系のアイメッセージで。

 

担当らしき人に取り次がれ、

「あ!」という声が出てミスを認めてくれて、折り返しになりました。

 

そしたらとってもエラい感じの人が電話をかけてきてくれて、

表記ミスを認めて、その経緯と原因を説明してくれて、返金しますと言ってくれました。

 

返金してもらえるのなら・・・とホッとして、

明日にでもお店に行こうかなーとぼんやり考えていると、

「店頭で焼いたばかりのうなぎを持って、今からそちらへお詫びに伺います」

とおっしゃる。

 

いえいえ、とんでもない。

大丈夫です。

 

・・・と言っていたら、すかさず連れ合いが「持って来てもらったら」の目くばせ。

 

おいおい、そーゆーものなの?

 

ということで、天然の上等なうなぎを持って来てもらい、

返金してもらい、電話代まで渡されましたとさ。

 

申し訳なかったです。

でも、たいへん美味しかったです。

 

「また、そちらに買い物行きますからね」に尽きますね。

神対応でございました。

 

今年もうなぎを食べています。

土用の丑の日にうなぎが食卓に上がること、ありがたいです。

 

 

うなぎは水の恵。

なのに、図らずも各地で豪雨災害。

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
あたらしい

彼らは巣立って行きました

 

彼らは白い蝶となって、

ここから巣立って行ったのでした・・・。

 

 

いただきもののキャベツといっしょにやってきた青虫さん。

「飼いたい!」

と子どもたちが言うので、

外葉とともに飼育ケースに入れて室内で置いていました。

でもキャベツを食べてる風でもありませんでした。

 

しばらくが経った朝のことです。

私の視界にちらちらしたものが入ります。

なんだ?

 

蝶です。

モンシロチョウです。

青虫が成虫になったのです。

すごい!!

 

春とはまだ言いがたいときではありましたが、

羽化したのならしかたないです。

日差しを受けた葉の上に子どもたちとそっと置いてさよならしました。

はばたいて行くんだぞ!とさよならしました。

 

 

 

新年度になってもう2か月が経とうとしています。

ブログ更新ご無沙汰でございます。

 

この春に長男坊は小学一年生になりました。

ピカピカの笑顔で毎日学校へ行っています。

ちょっとまぶしいです。

 

 

年度末はすさまじいバタバタさで倒れそうになりましたが、

倒れるわけにはいかず、

後回しになっていた長男坊の入学準備(名前つけもう大変さ)を

家族でやり遂げ(長男坊もなかなかの働きっぷり)、

無事に4月を迎えることができました。

 

 

今なおバタバタが続いていますが、私は生きています。

痩せた?とタモリなら言ってくると思われますが、

健康第一で乗り切りたいです。

負けないぞ、負けるもんか。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
1.17

今日の明け方に夢を見た。

生々しい地震の夢だった。

夢なのにものすごく揺れた。こわかった。

 

もしかしたら22年前の大震災と同じ時間だったんだろうか・・・。

 

昨日、見たテレビ。

1歳の双子を持つ家族が阪神・淡路大震災に遭い、

双子のうち一人の子だけを亡くす。

 

その母の時間は止まり、

目の前に生きている双子の一人の成長を見るのが嫌だったと言った。

 

「一人は生きているんだからいいじゃない」と言葉をかけてくれる人がいる。

双子だからこそ痛々しく突き刺さることがあったはずなのに。

 

就学にむけての学習机まで二つ用意したそうだ。

でも、亡くなった子の卒園証書を受け取ったことで区切りがついたと話していた。

 

母はつらかったろう。

でも残った子もまたつらかったろう。

小学生になったとき、「どっちが死んだらよかった?」と聞いてきたらしい。

 

突然、人が亡くなる災害。

何をすべきか。どう備えるべきか。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
あけまして

新年です。

明けました。

どうなることかと思いましたが、

それでもちゃんと明けました。

 

酉年です。

福をとりこんで、はばたく一年でありますように。

 

使い回しのうまいことを言って新年のご挨拶といたします。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
すすめられて

ネットを見ていると、

横からいろんなものを勧められる。

 

「この前、収納用品を見てたからなのねー」と思うときがあれば、

「もうランドセルは買ったからいいってば!」とつっこむときもある。

勧めてくる理由はあるのだ。

 

え?なぜにアップルパイ???

 

一瞬戸惑った。

そうだそうだ、うちの母親の好物でこの時期に注文してたからだろう、きっと。

 

季節まで加味して勧めてくることにそらおそろしさを感じながら、

「いっしょに食べたいものだなー」としみじみ思う。

アップルパイ食べながらたくさん話したいぞ。

もうさ、聞いてもらいたいこと山のようにある。

親バカ言ったとしても許されるだろうから。

 

感謝をわすれず。

ありがとう。

| comments(0) | trackbacks(0) |