PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
あたらしい

彼らは巣立って行きました

 

彼らは白い蝶となって、

ここから巣立って行ったのでした・・・。

 

 

いただきもののキャベツといっしょにやってきた青虫さん。

「飼いたい!」

と子どもたちが言うので、

外葉とともに飼育ケースに入れて室内で置いていました。

でもキャベツを食べてる風でもありませんでした。

 

しばらくが経った朝のことです。

私の視界にちらちらしたものが入ります。

なんだ?

 

蝶です。

モンシロチョウです。

青虫が成虫になったのです。

すごい!!

 

春とはまだ言いがたいときではありましたが、

羽化したのならしかたないです。

日差しを受けた葉の上に子どもたちとそっと置いてさよならしました。

はばたいて行くんだぞ!とさよならしました。

 

 

 

新年度になってもう2か月が経とうとしています。

ブログ更新ご無沙汰でございます。

 

この春に長男坊は小学一年生になりました。

ピカピカの笑顔で毎日学校へ行っています。

ちょっとまぶしいです。

 

 

年度末はすさまじいバタバタさで倒れそうになりましたが、

倒れるわけにはいかず、

後回しになっていた長男坊の入学準備(名前つけもう大変さ)を

家族でやり遂げ(長男坊もなかなかの働きっぷり)、

無事に4月を迎えることができました。

 

 

今なおバタバタが続いていますが、私は生きています。

痩せた?とタモリなら言ってくると思われますが、

健康第一で乗り切りたいです。

負けないぞ、負けるもんか。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
1.17

今日の明け方に夢を見た。

生々しい地震の夢だった。

夢なのにものすごく揺れた。こわかった。

 

もしかしたら22年前の大震災と同じ時間だったんだろうか・・・。

 

昨日、見たテレビ。

1歳の双子を持つ家族が阪神・淡路大震災に遭い、

双子のうち一人の子だけを亡くす。

 

その母の時間は止まり、

目の前に生きている双子の一人の成長を見るのが嫌だったと言った。

 

「一人は生きているんだからいいじゃない」と言葉をかけてくれる人がいる。

双子だからこそ痛々しく突き刺さることがあったはずなのに。

 

就学にむけての学習机まで二つ用意したそうだ。

でも、亡くなった子の卒園証書を受け取ったことで区切りがついたと話していた。

 

母はつらかったろう。

でも残った子もまたつらかったろう。

小学生になったとき、「どっちが死んだらよかった?」と聞いてきたらしい。

 

突然、人が亡くなる災害。

何をすべきか。どう備えるべきか。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
あけまして

新年です。

明けました。

どうなることかと思いましたが、

それでもちゃんと明けました。

 

酉年です。

福をとりこんで、はばたく一年でありますように。

 

使い回しのうまいことを言って新年のご挨拶といたします。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
すすめられて

ネットを見ていると、

横からいろんなものを勧められる。

 

「この前、収納用品を見てたからなのねー」と思うときがあれば、

「もうランドセルは買ったからいいってば!」とつっこむときもある。

勧めてくる理由はあるのだ。

 

え?なぜにアップルパイ???

 

一瞬戸惑った。

そうだそうだ、うちの母親の好物でこの時期に注文してたからだろう、きっと。

 

季節まで加味して勧めてくることにそらおそろしさを感じながら、

「いっしょに食べたいものだなー」としみじみ思う。

アップルパイ食べながらたくさん話したいぞ。

もうさ、聞いてもらいたいこと山のようにある。

親バカ言ったとしても許されるだろうから。

 

感謝をわすれず。

ありがとう。

| comments(0) | trackbacks(0) |
ことば

夜通し起きてたりしたら、さすがにしんどいですね。

いろんな宿題が山積みで、

がんばってるはずなのに思うように進まず、

焦りと疲労でしっちゃかめっちゃかです。

 

ここを見てくださっている人の中に、

「ブログ書いてる暇あったらやることやれよ!」

とおっしゃる方がおいでだと思うのですが、

数日前から書かずにいられないことがありまして。

 

 

 

「いじめ」と「いじり」。

「め」と「り」の違いって大きいです。

 

原発いじめ。

教師が、大人が、助長してどうする。

 

たぶんね、この人、「いじり」のつもりだったんだと思うんです。

テレビのバラエティ番組とかに影響されて、やっちまったか?

 

そんなノリいりません。

ツッコミ返せる内容では到底ありません。

 

「いじり」は双方が了承の上でおこなわれるものですから、

片方が嫌がっているのならそれダメです。

結果、それが「いじめ」です。

 

へんなふうにバラエティ慣れした素人ってイタい。

イタい上に今回、危いことをまざまざと知りました。

 

正さなければいけない立場の人が正すことなくあおってるなんて、

どうすりゃいいのさ。

 

小学生のときの先生は存在大きいです。

言葉だって重いです。

 

小学1年生のときの担任だった先生のことをふと思い出しました。

終業式のときにクラスのひとりひとりに手書きのメッセージをくださったのですが、

私へのカードにはこう書かれていました。

 

〜あなたはみんなの心をあたたかくする〜

 

のびやかで美しい字で書かれたそれを読んだとき、

「え?自分ってそうなの?」と不思議な感覚でしたが、

大人になった今でも私の中でやさしく響いていて、

時に強い力で引っ張り上げてもらったり、

時に振り返ることを与えてもらったりしているように思います。

 

ああ、今も涙出そう。

 

 

 

ドタバタの日々、今朝いちばんに目にした言葉はこれです。

 

〜忙しいときこそリラックス〜

 

ありがとう、天の声。

がんばるよー、私。

 

自分の思いを文章にしたらリラックスできる私。

あー、スッキリした。

関係者の皆さん、お許しを。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
オリンポス

毎日暑いですね。

残暑お見舞い申し上げます。

 

オリンピック真っ只中。これも連日熱いですね。

 

スポーツ好きの連れ合いはテレビに夢中。

子どもたちもさまざまなスポーツにふれて、国旗知って、たのしそうです。

 

私はと言うと、

オリンピック中継の合間のニュースに、

「夏太り」のネタをはさんできたNHKにふっと笑いました。

夏は食欲がなくなり、

冷たくて甘いものに走ってしまうため夏太りするんですってよ。

5分間のニュースにそれを入れられるくらい世は平和ってことですね。

オリンピックは「平和の祭典」ですからいいと思います。

 

 

オリンピック開催中にうちの次男坊は生まれました。

4年前のロンドン。

 

今夏で4歳。

やっと誕生日をむかえて、念願のお菓子を買ってもらえました。(→過去記事

今、大事に大事に食べてます。

 

彼が8歳になるときは、東京オリンピックなんだなー。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
地元にて

少し前のことです。

地元の小・中がいっしょだった人の集まりに参加してきました。

 

後輩からわざわざ電話がありまして、

私からも連絡先のわかる同級生に声をかけてみたところ、

急だったこともあってか出席できる人がおらず、

どうしたものかと思いながら、

「せっかく誘ってくれたんだから」と出不精者が立ち上がった次第です。

 

 

たのしかったです。

 

私がいちばん年長の代で、

すべて後輩たち任せのすっかりお客さま身分だったのですが、

司会進行、余興、スライドショー、記念品、

合いの手に至るまで、
すべてに趣向をこらしたものですばらしかった。感服。
 

 

思い出話にも花が咲きました。


ある後輩の女性が、私の母のことを話してくれました。

うちの母が学校行事で手作りドーナッツをよく差し入れてたらしいです。

それがすごくうれしかった忘れらない、と。
そして自分が母になり、我が子の学校行事にはドーナッツを作って持って行くんだ、と。

 

ちょっと涙出そうだった。

私の中ではその記憶はないのですが、マメな母ならきっとしてたはず。

確かに彼女の作るドーナッツも美味しかった。

私の中ではドーナッツは夏休みの思い出です。(→過去記事



「よくしゃべれるようになったなー」

中学卒業以来会ってなかった同級生に肩をたたかれながら言われる。

基本私は暗くて地味な人間ですけど、
それは今も変わりませんけど、
中学からそれなりに成長してるはずだしさ、

大人の会話だってそれなりにできるんだってばよ。

 

 

ほんわりした気もちになる集まりでした。

みんな、どうもありがとう。




 

| comments(0) | trackbacks(0) |
115

電報打つのきらいじゃないです。
公私ともにこれまでけっこう打ってます。


115の電話口で伝えていたその昔。
やっぱり恥ずかしいんです。
文例なんか使うもんか!のブチ込みオリジナル文ですので。

したがって聞き返されることが多く、

吹き出されることもありました。

で、復唱のときこそ恥ずかしい。
淡々と復唱してくれることが申し訳なくて。


先日、父の古くからの友人のご子息の結婚式がありまして、
父から言われて電報を打ちました。

新郎新婦へのお祝いの気もちをいちばんに伝えたかったのですが、

ご両親のことも存じ上げていますし、

父から加えてほしいフレーズを聞いていましたし、

父もそこに出席するというめんどくささで、作文に苦労しました。

父の文章って相変わらず安直でおもしろくないんだもの。

 

 

電報はお届け日の3日前までに申し込むと150円引きになります。

ネットだとさらに40円割引。

恥かしくない上にお得。ありがたいです。

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
賢者たち

もうもう困ったときに相談する人がいます。

 

まっすぐ答えてくれます。

客観視と説得力があります。

 

それで思いとどまるときもあれば、

背中を押してもらうときもあります。

 

 

今回相談しましたら、

ある人はけちょんけちょんでしてね、

大いに落ち込んだわけで、

一晩寝てみて、もっとだなーと思い直しました。

 

もう一人は冷静にデータを並べて、

そして「今を大切にすればいい」なんて珍しくやさしい言葉をかけてくれました。

 

もう一人は、まずは必ず「共感」。

そして具体例をもってアドバイスしてくれます。

すごく響きます。

 

 

この三人の賢者がいつもありがたいです。

がんばります。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
あたまがいたい
頭痛と激しいめまいにときどき襲われます。
くらくらして立っていられなくなるのです。

季節の変わり目に起こるので、仕方ないやと思っていたのですが、
連れ合いが心配するので受診。

検査等してもらって、特に問題はないと言われました。ホッ。

「最近、無理して疲れているんじゃない?」と先生から言われました。

うん・・・。
ちょっとうれしいかも。

家族は私のことをねぎらってくれますが、
第三者から言われると、
そう、私さ、私なりにがんばってるよなーってうれしかった。

めまいと吐き気の薬をもらいまして、
「こりゃ、くるぞー」てときは前もって飲むようにしています。
これまでは受け入れるままに耐えて戦っていたんですけど。

薬ってすごいですね。
効きますね。
でも、そしたらこれまでより短いスパンでやってくるようになった気がしてます。

上手につきあっていかなきゃ。

考えること、悩むこと、決断しなければいけないこと、日々追われていますが、
それらとも上手につきあっていきたいです。

ふっと息をぬく時間こそ大事ですね。
そこから好転することだってあるはずだ。
反省。
ああ、時には青い空を見上げよう。





 
| comments(0) | trackbacks(0) |