PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
私の根性
国民的アイドルグループの解散騒動があったと思えば、
「やふートップっす(原文ママ)」のはずが多少ガッカリ感のあった三角関係に、
元プロスポーツ選手の薬物逮捕。

次々出てきます。

それにしましても、
高好感度の女性タレントの不適切な交際報道はずっとざわついてますね。

お相手と言われている人のお名前がセットで出てくるわけで、
その人のバンド名もいちいち出るわけで、
その都度バンド名で苦笑。

  きちんと自分の言葉で会見を開いた私って。
  その後の生放送だって笑顔でがんばる私って。

・・・だったのかもしれないけど。
確かに「えらい」と思う。
そして、いろんな形の根性があるんだなと思った。

でも仕事をするのなら、
周囲に気を遣わせないようなやり方を選ばないと無理が出ます。
で、お互いしんどくなった結果が。



私には立派な根性がありません。
やわらかいほうへやわらいほうへ回って回って、
そして進むことなく立ち止まっています。

2月はキライ。涙が出る。
それをぬりかえるためにも立ち止まっていてはいけない!のに。

がんばろう、私。
次のステージへ。今こそ。

早く春来ないかな。






 
| comments(0) | trackbacks(0) |
などなぞ
おっそい昼ごはんを食べながらテレビ。
あ、みうらじゅんだ!

何度も「えぇ」と口にしている。
何かしゃべったら「えぇ」。
自分の言ったことを強調するような確認するような自答するような「えぇ」。

自分の言ったことの後に「うん」とつける人は、
自信がない人だと何かで読んだことがある。

いや、彼は自信がないということはなさそうだ。
NHKだろうが余裕と陶酔のあのフワフワ感。

その「えぇ」の言いっぷりから、武田鉄矢が頭にうかんだ。
似ている。
話しぶりが似ている。
オチは両極端だろうけど。

気になったのは。
彼の肩書きが「イラストレーターなど」と出ていたこと。
「など」って何?
わざわざ何?

NHKの気遣いか、みうらじゅんの気構えか。


| comments(0) | trackbacks(0) |
ボクとキミの共通点
クリスマスケーキ食べて、
リンゴのシロップ煮添えアイスまで食べて、
「ああ、イブも終わったなー」とのんきにお風呂に入ってたらいけません。

「安田さんが・・・」と連れ合いが私に言います。
安田顕さん、『チューボーですよ!』に出てたとは!!
まったく見落としてました。

見たかった。
陶芸でろくろが回っているのに自分も一緒に回る安田さんONちゃんですよ。
料理する彼、見たかったなー。

彼の不器用っぷりは伝説になる・・・。

そうなってしまう気持ち分かります。
だって私も何を隠そう不器用な人間だから。



徹子の部屋』。
YOUがゲストの日は気になって見てみる。
初出演かなーと思ったら3回目だとか。すごい。

なぜか二人の共通点を徹子が発表していて、
「二人とも柿の種が好き」とか言ってた。
かわいらしい。



共通点か。
さがしたくなりますね。
特に好きな人なんかとは。

でもそれがかなり独りよがりだったりすると、
こっけいに見えるときがありますね。

人気急上昇のタレントがいました。
「知ってますか?」との街頭インタビューで、
「すきすきすき」とあわただしく答える若い女性をテレビで見ました。
「私も(そのタレントと同じく)長友好きだし」と続けて言っていました。
共通点みたいです。
長友とは、インテルの長友佑都。
彼女はあまりサッカー好きには見えず、
ワールドカップ直後だったこともあり、
ミーハーな感じでおもろいなとちょっと笑ってしまった。

男性アイドルがいました。
そのアイドルを崇拝しているある男がテレビに出ていました。
そしてその二人の共通点を残らず並べていました。
最後に放たれたのが、
「お母さんの名前が・・・・・」
同じなのかなーと思ったら
お二人のお母様とも「○○子」というお名前ではあったのですが、
「二人ともあまり見ない珍しい名前」て言うてました。
あははは。
オチでもなんでもなく真顔だったことに共通点を得たい思いが感じられました。
熱い気持ちっていいことです。


安田さん、何の宣伝で出てたのかなー。
TBSでしょ?
『専業主婦探偵〜私はシャドウ』のDVD発売の宣伝???
番組表には、「超人気脇役・(秘)私生活」て書いてありますよ。

もう寝よう。
うん、寝るよ。
メリークリスマス!!


| comments(0) | trackbacks(0) |
食べていくこと
シルク登場。
昨日の『徹子の部屋』に。
徹子って美容に興味がある人のようなので、
(美容家とかよく呼んでるから)、
そりゃ今はまさにシルクでしょ。
相方だったミヤコの話もするみたいに書いてあったなー。

渡部陽一もそろそろ呼ばれるのだろうか、と思っている。
この前テレビで見た。
寄付をしようとユニセフ親善大使の徹子に会っているのを。
寄付だし、面識があるんだし、そろそろなはず。
いや、すでに収録済みかもしれない。
旬のうちにオンエアを。

テレビはそう長い時間見ていないと思う。
番組表だけで楽しんでいるところがあって、そこは自分でも怖い。

最近驚いたのは、
遠くに行きたい』の出演者に片桐仁の名前があったこと。
なんかビックリ。

笑点』にも驚いた。
ヒロシの名前を久々に見たからだ。
その翌週は芋洗坂係長だった。
ヒロシのほうはたまたまチャンネルが合ったので見たが、
以前の自虐ネタに輪をかけていて、ちょっと痛々しかった。
でもウケていたのでよかったです。

みんながんばってるのだ。
負けないのだ。
まさに「チャンス」なのだ。

| comments(0) | trackbacks(0) |
愛ある料理
料理番組がすきです。
そこに出てくる「先生」を見るのが。
料理って人柄が出るなーと思うのですが、
先生にもいろんなタイプがいて見ていて楽しいです。


今回も何気なく見ていて思いました。
なんで私はこの人が料理をしているのを見ているとき、
「?」としばしば立ち止まってしまうんだろう、と。

判明しました。
その先生が発する言葉にありました。
「おいしそうですねー」と彼女は必ず言うのです。
まるでアシスタントのセリフかのように。
自分が考えて作っている料理なのに、
その料理に対してなんだか他人事のようなその物言いは、
彼女の自信の表れか、強い要求の空気なのか。
な、なんだ?といちいち違和感が襲ってきてしんどくなる。


中には「痛いなー」と思う先生も。
その人の名前が番組表にあるともう見ないことに決めています。
いいところがあるはず・・・と何度もチャレンジしましたが無理でした。

やったら小慣れた風でその場を仕切ろうとする。
テレビのこと分かってるでしょ?的なノリで、
アシスタントいじりとかゲストの持ち上げとかする。
おいおい!て思う。
地に足つけて料理しろ!と思う。


やっぱりですね、
先生とアシスタントのコンビネーションも大事だと思うんです。

あれは魚介メニューの料理番組だったと思います。
サーモンを指しながら
「今日ぼくが獲ってきました」と先生が言いました。
そしたらアシスタント女子はスルーでした。
あまりのスルーっぷりに、
「今日ぼくが買ってきました」の聞き間違いなのかなーと思っていたら、です。
今度はアシスタント女子がイカをフライパンに入れながら
「これ入れてもいイカ?」と言っていました。
2回も繰り返したのに先生はスルーでした。

こわいって!
もっといたわり合ってやっていこうよ!!

見る側に気を遣わせてはいけません。
そんな風に料理番組を見てる人なんていませんか。いませんね。
料理内容に焦点合わせろって話ですね。

| comments(0) | trackbacks(0) |
サザエ、飛ぶ
日曜の夕方・・・と言えば、『サザエさん』でしょう。
私、すきです。
時間が合えば必ず見ます。

なのに、今日は『サザエさん』を一話たりとも見ることなく、
他チャンネルにロックインされてしまった。

矢沢永吉&糸井重里〜今だからこそお金の話〜』。
教育テレビでやってた番組。
見応えがあった。

前日の番組表チェックのとき、
「異色の二人で、しかもお金の話?」と目を引いた程度だったのに、
チャンネルが合ったばっかりに見入ってしまったよ。
なんなら、
私には造詣の微塵もない「矢沢永吉」のことが、
ちょっと好きになったほどだよ。

お金の話なんて、人前ではちょっとはばかられる内容。
だけど大切なことだなーと強く思う。

「タダじゃない」
「自分の物差しで使う」

そうだ。その通りだ。
それを入れ物や立場で変えるからおかしくなるんだ。

自分の言葉で自分の生きた道をまっすぐ話せる人はすごい。
説得力があって、ぐいぐい力を感じた。
聞き手の糸井さんももっすごよかった。うまい。

再放送が8/14の夜11時半からあるようです。
お盆の深夜、「サザエさん時間」よりいい時間帯です。
よろしければぜひ。


| comments(0) | trackbacks(0) |
走ってみよう
今日気になったのは、「増田明美CDデビュー」の話。

なんだ?と思って読み進めたら、
ブームに乗った上手な商品でありました。

女性ランナーのためのBGMアルバムで、
走るのに適したアップテンポの計8曲が収録だそうです。

きっかけはアンケート。
女性雑誌のランニングブームを受けた特集で、
読者に「35キロ地点で励まされたい有名人は?」とアンケートしたところ、
増田明美が堂々の1位。
で、この企画が生まれたらしいです。

彼女はコーラスの一員として歌声を披露したほか、
「しっかり腕が振れてます」
「きれいなフォームですよー」
「いい感じです!」
と曲中にランナーの背中を押す言葉を入れているそうです。
なるほどー。

確かに増田明美のマラソン解説はすばらしい。
アンケートで1位になるのも納得です。
聞いていてなんとも心地いいのは、
彼女自身のバランス感覚がいいからなんだろうなーと思います。
選手を引退してからのその気もちの切り替えも潔いというか、
今の自分の役割をきちんと知ってるというか。
これまでの経験を根っこにした言葉には力があるし、
そこから生まれる愛はあったかく深い。
綿密な取材と聞く力、それらを言葉にする力。
人としてかっこいいなと思う。


解説者としてぜひ出てほしいなーと思っている人がいます。
フィギュアスケートの中野友加里
現役引退して、
この春からテレビ局の一般職として働き始めたらしいですけど、
ぜひそのシーズンには解説席に座ってほしいなーとひそかに思っています。

しっかり喋れる人だと思うんです。
インタビューの受け答えから、伝えられる人だと記憶しています。

連れ合いといっしょにスポーツ中継を見ていても、
競技よりも解説やインタビューにばかり注目するのでうざいと思われてるはず。
あはは。

野球では赤星憲広が旬なのでしょうか。
阪神の試合。
テレビ局を越えて、連日解説者のところに名前に出ています。
一度聞いてみなければ。

| comments(0) | trackbacks(0) |
今日の番組表
今日の番組表より。


A-Studio(←音でます!)』のゲストは伊勢谷友介かー。
白洲次郎の人だ。
番組表のところの説明にもわざわざそれが書いてあった。

NHKドラマスペシャル『白洲次郎』は録画して見ました。
スケールの大きなカメラワークに美しい風景もあったりして、
「二人で映画見てるみたい」と連れ合いがつぶやいていました。
我々はデートの王道であろう映画に、
これまで一度も二人で行ったことがないのです。あはは。

伊勢谷友介演じる次郎、かっこよかったなー。
と言うか白洲次郎がかっこいいのだ。
白洲邸「武相荘」の映像も見たことがあって、
「こんな家いいよなー」とほんと思った。
そんな白洲次郎の孫という人がゲストのトーク番組を見たことがある。
アルピニスト野口健みたいな空気の人でなんだか引いた。



僕らの音楽』はラブサイケデリコかー。

デリコってテレビにあんま出ないよねーと思ったら、
昨年12月の『FNS歌謡祭』に出てたんですってね。
その流れなのか、フジテレビ音組。
華やかなる衣装替えのお客様司会にうんざりして見てないといけませんね。



ゴールデンタイムのドラマとかの話じゃなくて申し訳ないです。
本来、すごい深夜派なのです。
近ごろは連れ合いの睡眠を妨げないようにあまり見てませんが。

昨夜は『アメトーーク!』を途中で断念。
「じゃない方芸人」で、
博多大吉の「中学のときの貯金」という言葉に大爆笑して終えた。
ああ、大吉ってばいい!!
アメトーークでは特にいいねー。
| comments(0) | trackbacks(0) |
解禁
いまさらながらのボジョレーでなく、
ま、飲んでもいないのですが、
今日はテレビの話。

ごきげんよう』のゲストに
大和田獏や海保知里の名前を見つけて軽く驚く。
ウラの昼帯の司会者であったとしても、
他局のアナウンサーであったとしても、
それはもう解禁なのでしょう。
「ほー」と思いながら番組表を見ただけで、
どんなふうだったか見てませんが。


同じくお昼の『おしゃべりクッキング』。
これまではゲストも作るの手伝ってたように思うのですが、
観覧・試食するだけ形になって、
その出演者の幅は広がったんだろうか。
「料理しなきゃいけないなら出ないわ」なんていう人もいたのか?
中華包丁を手にしての「初めて持ちましたー」や、
パスタをゆでるときの「塩ってこんなに入れるんですねー」の
よく出るセリフがもう聞かれないのではないかと、
ちょっとさみしい気もしてます。



| comments(0) | trackbacks(0) |
ラブレター
 
まったり

シルバーウィーク。
実に静かです。

全国的にお天気もいいようですね。
よかったです。
でも私は家の中でまったりです。
ああ、しあわせ。
テレビを録画したものを見たりしています。

今朝放送された『課外授業ようこそ先輩』を見ました。

昨夜、本日9/20のテレビ番組表をチェックしたとき、
今回は鈴木おさむかい?」と反応したのですが、
この前の友近 編がなぜか彼女のプロモーションのような作りで、
正直引いたところがありまして、
今回のは録るのを見送ろうか・・・と思ったのですが、
番組説明文を読むと、

数々の人気バラエティー番組の構成を手掛ける放送作家の鈴木おさむ氏が、千葉県南房総市立朝夷小学校で授業をする。映画の脚本執筆や劇団の主宰など幅広く活躍する鈴木氏は、妻であるお笑い芸人、大島美幸とのユニークな新婚生活をつづったエッセーがベストセラーになった。日常のどんなささいなことにでも好奇心を持ちヒット番組を生み出してきた鈴木氏が開く授業のテーマは、子供たちをどきどきさせること。鈴木氏は"どきどきする気持ち"があれば行動の原動力になるし、自分も輝けると考えている。まずはクラス全員で互いの良いところを探す。その後、1人ずつ教室の前に出て、全員が良いところを言っていく。次に大好きな人を動物や果物に例え、皆の前で発表する。そして本題は、大好きな人へのラブレターを書くこと。書いた手紙は鈴木氏だけが読むが、最後に彼は驚くべき課題を子供たちに出す。

「最後に出す驚くべき課題」?
どんだけ驚くものなんだろうと気になって録画してしまいました。

※以下ネタバレ有りです。





ラブレターを書かせるんです。
誰にも見せないという条件で。
それらすべてに目を通した鈴木さんは、
妻・大島さん宛てにラブレターを書いてみんなの前でそれを読みます。
で、その後です。
自分と同じようにラブレターをみんなの前で読む人はいないか?と問うわけです。

これか。
はあ、これね。

顔を伏せさせ、挙手させるのですが、
あがりましたねー、手が。
3人あがりましたよ。

お!と思ったら3人とも全員女の子で、ちょっとガッカリ。
おい、男子!がんばらんかい!!
恥ずかしいかい?恥ずかしいよねー。

で、その女子3人がラブレターを読み上げるわけですが(もちろん宛名は伏せて)、
もうもうすごいわけです。
熱く熱く「自分アピール」するものもあって迫るものを感じました。
ああ、女子って小学生からすごいよ。

「あなたの好きなところはスポーツが得意なところ」
という子が3人のうち2人いまして、
スポーツマンはやっぱもてるんだねーと思いながら、
それって好きな人ダブってないかい?
とへんにひやひやしながら見てたりしました。

自分もまた愛妻へのラブレターを読み終えている鈴木さんは、
最後にこう言いました。

「私は今日も家に帰って、妻とお風呂に入ります」

最後にどっと沸かせるはずのオチだったとは思うのですが、
子どもたちの反応はいまいちで、
そのヘンな空気にこれまた気を遣いながら見ていた私でした。

たぶんね、子どもたちにしてみたらね、
女子3人がラブレター読んだわけでしょ?
相手は誰だ?てことになってるでしょうし、
もしかして俺?なんて思ってるやつもいるでしょうし、
自分も読めばよかったかなーて後悔してる子もいるでしょうし、
先輩のオチなんて耳に入らなかったんだろうと思いますよ。

私も女子のパワーに圧倒されて、聞き逃しそうになりましたもん。
すごいわ。ああすごい。
草食系が増えるの分かるわー。

と、テレビばかり見ていてもいけませんね。
せっかくのシルバーウィークなんですからね。
「混むのも高いのもできるなら避けたい」
と言い訳めいたことは言っていてはいけませんね。
まだ私はシルバーじゃないんだからしっかり動かないといけませんね。
 
| comments(0) | trackbacks(0) |