PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
<< おそわって  | あけまして >>
のせられて

地元紙に写真の投稿欄があります。
私のきょうだい一家がよく出しているようで、しかも何度か掲載されています。
うちの親は、孫と写った自分の写真が載るとそれはそれは喜び、

無沙汰の知人がそれを見て連絡をくれたり、

親しい友人からは「うちはどんなに送っても採用されないのに」

とずいぶんうらやましがられたりするそうです。

 

で、今年のはじめのことです。

うちの子どもが一緒に写ったのを送っていいかと聞かれたので、

「ぜひ!」と答えました。

 

今までけっこうな数を送っているの?とそのときたずねてみると、

数回送ってそのすべてが採用されているんだとか。すごい!

なんかコツでもあるの?とたずねると、コツというコツもない感じで、

「誰でも送ったら順番に載るもんだと思ってた」というまさかの大物発言。すごっ!!

 

「だったら今回も採用されるな」ぐらいで私たちも待っていました。

ですが、一向に紙上に載りません。

「今回はうちの子が写ってるから?」と申し訳なく思っていたところ、

やっぱり採用!!強いわー。

 

 

今年はメディアの当たり年なのでしょうか。

 

親子でイベントに参加したときがありまして、取材する人もいっぱい来ていました。
カメラの動きを見ていたら笑えますね。

ここだ!これだ!ていうときに一斉に寄るんですね。みんなおんなじ動き。

そんなのを生々しく目にしたのもあって、

我々はおじゃまだから…と隠れるようにしていたところ、

思いがけず長男坊がテレビのインタビューを受けることに。

 

カメラを向けられるとすぐさまポーズをとる長男坊。
「いやいやテレビカメラだって!ほれほれ動きなさいって!!」と心の中で叫ぶ私。
近頃の子はカメラに慣れています。
が、見たこともないあんな大きなカメラを向けられても、

静止画だと思ってピースサインで止まってるんですから。

そんな状況で気の利いたコメントは長男坊の口から出ず、
これじゃテレビ的に使えないなーとそばで苦笑い。

他にもインタビューを受けている子たちがいましたし、
「インタビューされたわー」というネタができたぞ!

…とホクホクしながら帰宅してテレビを見ると(←いちおう見てるし)、

長男坊のインタビュー使われてました!!!

すっごーい。
子どもらしい表情と元気のよさを見事に切り取って上手に上手に使われてまして、
テレビってやっぱり生々しいねとしみじみ思った日でした。
 

 

ずいぶん前ですが、
うちの親とこれまた野外イベントに行ったときのことです。
くつろいで飲み食いしていると、
父親がニカニカしながら人を連れて戻ってきます。
誰さ?と思いながらよっこらしょと作り笑いを浮かべようとしていると、

それは父も初対面の新聞記者の人でした。
このイベントの取材をしている記者さんです。

あとで思うに、
つかまったその場で取材を受ければいいものを、

気の利いたこと言えないものだから、こっちまでわざわざ連れてきたんでしょう。
うちの父ってあんまおもしろくないんですよね。
なんだかんだその場でみんなで話したことが、

翌日、父の名前入りで新聞記事になってました。いいとこ取り。

 

などと父のワルグチを言っていたらいけませんね。

 

長男坊のあの貴重なインタビュー録画が消えているではないですか!!

この12月に入ってそれに気づいて、連れ合いと二人で落ち込んでいます。

 

そのとき長男坊が着ていた服はすでに小さくなって、次男坊に譲ろうかとしています。

それを目の当たりにすると、なおのことその瞬間の長男坊を尊く感じます。

残念でさみしいです。

 

その代償に、

これから起こったかもしれない不幸を持って行ってくれたと思おうじゃない!

そう自分に言い聞かせています。

その日は新聞記事にも家族で写ったんです。

テレビと新聞の両方というのが欲張りだったのかもしれません。

 

来年も決して欲張らず、

家族の健康と笑顔をいちばんに暮らしたいです。

 

今年もお世話になりました。

皆さまよいお年を。

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://mokurenbunbou.jugem.jp/trackback/1707