PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
<< 仕事をする |
9月の風

「学校でみんなと遊びたいのに・・・」

小学生の長男坊が玉のような涙を流します。

 

涙で抗議した先は、彼の弟。うちの次男坊です。

 

次男坊がわるふざけをして、

長男坊が軽いけがをしてしまい、

そんな流れで「学校に行けなくなったらどうするんだ!」と訴えたようです。

 

今日が夏休み最終日のところが多いと思います。

うちの長男坊、学校には行きたいようです。

兄弟げんかを通してそれをそっと確認できてホッとしました。

 

昨晩、録画を見ました。

不登校ひきこもりの人たちのことばです。

親をうらむ声もあって、胸が苦しくなりました。

ああ。

 

SOSが出るときはよっぽどだと思う。

だから、まだ浅くちいさいうちに察知してやりたい。

 

そして、強く思ったのは、

場所を変えてみる・増やしてみるのは有効なんだろうなーということ。

手足が動くって、動かせるって、しあわせなこと。

 

そしてあらためて思ったのは、

約束を守る・耳を傾ける親で普段からありたい、努力したい。

信頼されるって日々の積み重ねだろうなと、近ごろの自分を反省したのでした。

 

2年前の8月31日にもいろいろ書いてるなー。(→過去記事2016.8.31

 

 

 

苦しいときは立ち止まっていいです。

まぶしすぎない場所と、うるさすぎない人は、存在すると思います。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://mokurenbunbou.jugem.jp/trackback/1767