PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
すすめられて

ネットを見ていると、

横からいろんなものを勧められる。

 

「この前、収納用品を見てたからなのねー」と思うときがあれば、

「もうランドセルは買ったからいいってば!」とつっこむときもある。

勧めてくる理由はあるのだ。

 

え?なぜにアップルパイ???

 

一瞬戸惑った。

そうだそうだ、うちの母親の好物でこの時期に注文してたからだろう、きっと。

 

季節まで加味して勧めてくることにそらおそろしさを感じながら、

「いっしょに食べたいものだなー」としみじみ思う。

アップルパイ食べながらたくさん話したいぞ。

もうさ、聞いてもらいたいこと山のようにある。

親バカ言ったとしても許されるだろうから。

 

感謝をわすれず。

ありがとう。

| comments(0) | trackbacks(0) |
ことば

夜通し起きてたりしたら、さすがにしんどいですね。

いろんな宿題が山積みで、

がんばってるはずなのに思うように進まず、

焦りと疲労でしっちゃかめっちゃかです。

 

ここを見てくださっている人の中に、

「ブログ書いてる暇あったらやることやれよ!」

とおっしゃる方がおいでだと思うのですが、

数日前から書かずにいられないことがありまして。

 

 

 

「いじめ」と「いじり」。

「め」と「り」の違いって大きいです。

 

原発いじめ。

教師が、大人が、助長してどうする。

 

たぶんね、この人、「いじり」のつもりだったんだと思うんです。

テレビのバラエティ番組とかに影響されて、やっちまったか?

 

そんなノリいりません。

ツッコミ返せる内容では到底ありません。

 

「いじり」は双方が了承の上でおこなわれるものですから、

片方が嫌がっているのならそれダメです。

結果、それが「いじめ」です。

 

へんなふうにバラエティ慣れした素人ってイタい。

イタい上に今回、危いことをまざまざと知りました。

 

正さなければいけない立場の人が正すことなくあおってるなんて、

どうすりゃいいのさ。

 

小学生のときの先生は存在大きいです。

言葉だって重いです。

 

小学1年生のときの担任だった先生のことをふと思い出しました。

終業式のときにクラスのひとりひとりに手書きのメッセージをくださったのですが、

私へのカードにはこう書かれていました。

 

〜あなたはみんなの心をあたたかくする〜

 

のびやかで美しい字で書かれたそれを読んだとき、

「え?自分ってそうなの?」と不思議な感覚でしたが、

大人になった今でも私の中でやさしく響いていて、

時に強い力で引っ張り上げてもらったり、

時に振り返ることを与えてもらったりしているように思います。

 

ああ、今も涙出そう。

 

 

 

ドタバタの日々、今朝いちばんに目にした言葉はこれです。

 

〜忙しいときこそリラックス〜

 

ありがとう、天の声。

がんばるよー、私。

 

自分の思いを文章にしたらリラックスできる私。

あー、スッキリした。

関係者の皆さん、お許しを。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
めでたい

もう11月も終わろうとしているんですね。

遠い目…。

 

中旬には次男坊の七五三参りに行ってまいりました。

数え5歳です。

うちは年子なので4年続きまして、これで終わり。

ちょっとさみしい…。

 

タイミングよくランドセルが届いたので、

長男坊にはランドセルを背負わせて「これで小学校に通います」と安全祈願も。

 

二人がこれまで無事に育ってくれたこと心から感謝しました。

 

 

おめでたいこと続きで、紅白餅も食べました。

 

 

紅白と言えば、もう歌合戦ですね。

 

桐谷さんが内定だとか?

はいはいはい、浦島太郎の恰好させられて余興しちゃうんだろうなー。

だったらそこに乙姫さんも入ってほしいけど、

そんなの気持ちよく断りそうな潔さが彼女にはありそう。

 

だったら「素の桃太郎さん」と「素の金太郎さん」が、

歌唱終わりにがっつり握手に来るとか?

 

おいおい、待て。

紅組司会がかぐや姫さんでない?

もうこれは絶対だな。

 

とかとか脳内演出してたら、桐谷さん出場決定ですってね。

おめでとうございます。

MVまでも浦島仕様なら、紅白も浦島押しでいいでしょう。

 

 

この前の『NHKのど自慢』ゲストのオリラジ(正しくはRADIO FISH)に違和感。

いい感じにがちゃがちゃしてたな。

実績作り??と思ってたところに、こちらも初出場決定なんですね。

おめでとうございます。

テレビって、近頃のNHKって、大変ですね。

 

 

で、2019年NHK大河ドラマの脚本にクドカンですから。

やっぱり連れて来ましたね、クドカンを。

いや、私はうれしいです。待ってました。(過去記事にも書いてますね → 2013.8.15

 

 

さてさて私は、

紅白餅食べながらいっそう気を引き締めてまいります。

がんばりどき、がんばります。

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
かつどう終了

終わりました・・・ラン活。

やっと、です。

長かったー。

10月末に長男坊のランドセルを注文できました。

 

春くらいから気にはしていまして、

いいなと思うランドセルの色サンプルを送ってもらったりしつつ、

ぼんやりと活動しておりましたが、

「ボク、黒がいい」という長男坊の主張を聞いたとたんトーンダウン。

 

絶対にコレ!という商品があったわけではありませんし、

争奪戦の人気ランドセルを買う方向でもありませんでしたので、

「黒ならそう急がなくてもね」となってしまい、活動を中断しておりました。

 

即完売、キャンセル待ち・・・

そこから『ラン活』という言葉が生まれたようですが、

特に女児向けは人気カラーがあるようですね。

水色とかも人気だとか。

 

そう言えば、長男坊がこんなことを話していたことがありました。

「○○ちゃんにこれ、かわいいって言われたよ」て。

彼の着ていた水色の上着がかわいいんだそうです。

 

ブルー系の色だけど、女の子も好きなのかな?

とそのときはちょっと不思議だったのですが、

ラン活中に「あ!」と思いました。

 

10月に入ってから、

注文しているお友だちが多くなってきて焦り、

早期割引の後押しも大いにあり、

本腰を入れました。

 

『天使の羽』と『フィットちゃん』の違いの勉強からです。そこからかよ!!

いろいろ調べ始めると、

チェック項目が増えて、どうしても譲れない項目も出てきて、

保証期間や修理時対応も重視しました。うちは荒くれ者の男児ですしね。

同じ商品であっても購入店で違いがありました。

 

とにかくラン活終了です。

候補のランドセルたちはちっとも売り切れることありませんでしたので、

我が家の場合、『ラン活』とは呼べないとは思いますが、

連れ合いと二人で終わったことを喜びました。

ホッとしました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

| comments(2) | trackbacks(0) |
演じる

Eテレ『昆虫すごいぜ!』。

10月10日の「体育の日」のその放送を録画しないわけがありません。

うちの長男坊、虫だいすきですから。

で、その番組名になぜかついている冠が気になる私なのでした。

 

30分番組。

さぞ・・・期待していたらそうでもなくて、

力の入れ加減、だいぶん間違ってて、

また見たい!と子どもたちが言いそうにないリアクションだったので、

即削除のところを、ブログに書くかもなと残しています。

でも、再び見ることなくコレ書いてます。

 

番組名の冠さんである俳優のはしゃぎっぷりがいただけない。いたい。

 

ずっとあのテンションのままで冠さんが動いていたのか、

Eテレのほうが浮かれ踊って編集したのかは定かではありませんが、

石澤典夫のナレーションにごめんなさいとさえ思う。

どうした?Eテレ!!

 

そんな中、ある民放番組のテレビCMをたまたま見ました。

『昆虫すごいぜ!』に至るきっかけになった番組みたいです。

そのCMの中で「Eテレに密着」な内容が流れています。

 

うぉう、犯人の一人はおまえかっ!!!

 

民放カメラもあってのあのテンションだったのかも。

演者は大変だ。

 

今回、「トノサマバッタ」編でしたが、またやるのでしょうか?

やったらある意味、勇気あるな。

番組名からしてあわてて作った感がありますけど、

NHKと民放のなれ合いがいよいよいたくなってきたぞ。

 

当の冠さんったらね、

巨樹をすきだと語るある俳優さんに、

「Eテレで番組作ってくれますよ」発言をしてましてね、

ま、NHKのトーク番組内でのことであり、

『昆虫すごいぜ!』再放送の宣伝もありましたので仕方ないのですが、

たたみかけられたようで私はますますしんどくなってます。

でも、これって冠さんご自身がしんどいことに直面しているからかも…と同情。

どうか負けないでください。

 

 

いろんなものが見えてしまうテレビ。

ちょっとしずんでしまったところで、次は華やかな女優さんの話。

 

吉田羊。

ドラマもよく出ていらっしゃっるようで、私ちっとも見ちゃいないんですけど、

CMでは彼女をよく拝見します。

 

昨日たまたま見たのは、柔軟剤のCMです。

男性と落ち合うシーン。

その男性とは恋人同士なのか夫婦なのか友人関係なのか、あれこれ想像できました。

それってすごいことだと思います。

ひとつのCMで幅広い層にうったえられそう。

 

彼女が年齢非公表だからでしょうか。

きれいな顔立ちにさばけた性格(のように見える)が一層そうさせるのでしょうか。

CM向きな人と言いますか、お得だと思いますよースポンサーさん。

 

 

 

以上、子供向け番組とCMぐらいしか見られてない人間のテレビネタでした。

失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
げいじゅつ

勘がよくて飲み込みが早いタイプの次男坊。

その分、想定外にうまくできないときは自分自身にいらだつようです。

 

書くことのすきな兄を尻目に、

絵や文字を書きたがらないところがあったのですが、

最近は自らペンを持つようになりました。

 

ゴールデンウィークのイベントでぬりえをしたのがきっかけ。

案の定、最初はやりたがらなくて、

私がそばでいっしょにやり始めると、ちょっとずつ楽しくなったみたいです。

そのぬりえのタッチが、

やんちゃな次男坊に見合わないやわらかい色使いだったのも意外でした。

 

そのときの楽しさがいちばんにあるようで、

動物のような絵や手紙のような文を書くようになった今でも、ぬりえが大好き。

 

一昨日の夕食前のことです。

男の人の顔を描いてほしい、と次男坊が申します。

ぬりえをしたいんだなーとわさわさと描いてやると嬉々としてぬりはじめました。

 

これです↓

 

芸術だ

 

ピカソ入ってます!!

 

どぉだっ!の顔をする次男坊に、

「いいね〜」と私は力強く言いました。

連れ合いなら、こんな色使い見たら顔をしかめそうだけど。

 

 

お友だちのママからプレゼントしてもらったポケモンのぬりえでは、

忠実にピカチューをぬり上げてたし、そのへんの心配はないと思うので、

私はこの色彩感覚を大切にしてやろうと思います。

だっておもしろい!

 

小学生のときの図工の時間を思い出しました。

「先生に何か言われるかも」とドキドキしながら、

私もこんな感じに色をぬったことがあります。

叱られることなく、むしろほめられたので今でも覚えているんだろうと思います。

 

基本的なこと常識的なことはきちんと身につけさせたいです。

その上で本人の独創性を育んでやりたいです。

さまざまな発想は生きる上で強みになるだろうし、何より心が豊かになるはず。

きっと楽しいはず。

 

さ、今日もがんばりましょう。

もう金曜です。

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
伝え重ねる

完熟の柿。

スプーンですくって食べ終えました!の画。

 

柿好き

 

長男坊は柿好きです。

それをよく覚えている義母がさっそく届けてくれました。

 

知らぬ間に、じゅくじゅくになってしまった柿。

他の家族は熟した柿がちょっと苦手なのですが、

横半分に切ってスプーンを添えて長男坊に差し出すと、

それはきれいに食べてくれます。

 

うちの母もたいへんな柿好き。

秋になると柿を食べまくり、

父に「顔がふっくらしたんじゃないか?」と指摘されて、

「体重はかったら太ってたわー」と笑っていました。

 

柿をほおばる長男坊の顔を見ていると、

私までしあわせな気もちになります。

おばあちゃんの分も食べてやってね。

 

季節ごとに色とりどりの思い出が呼びおこされ、涙が出る日もあります。

でも秋の柿については、

思い出が厚く重なるようでちょっとうれしいです。

 

深まってまいりましたね。

皆さま、豊かな秋をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
サボ&ガチャ

公開放送に引き続き、ロケにまで出るようになった『みいつけた!』。

もう大したものです。

「なぜに椅子?」と当初は手さぐり感ありありのように見えたんだけど、

キャラクターづくりがもともとしっかりしてたんだなーと感心します。

 

そのロケでね、サボ子さんがたいへんはアトラクションに挑んでまして、

同じ緑色だからでしょうか、

「2代目ガチャピンかっ!!」と激しく突っ込んでしまいました。

たいへんすばらしかったです。

 

あのロケ先はどこだったんだろう…と気になっていたところに再放送!

だったのですが、

「公園に来ています」とサボ子さんは言ったきりで、

詳細は教えてくれなかったよ、NHKさん。

 

調べてみました。

ここです → 伊豆ぐらんぱる公園「ジップライン」

サボ子さん、まさに風になってましたから。

 

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

椅子(いす)と伊豆(いず)を掛けてのロケ地決定です。

そんな荒々しさにいきおい感じるわー、みいつけた!

 

それにさ、

クドカンとかトータス松本とか山崎まさよしとか、

パパになった人にオファーしてるところが上手よね、みいつけた!

 

みやけマン(三宅弘城)が朝ドラに、

オフロスキー(小林顕作)が大河に、

と活躍が広がってるのもすごいことだと思う、みいつけた!

 

私は私は、

サボさんの声と操演(佐藤貴史)がいちおしです。

もう『いないいないばあっ!』のワンワンに並んだと思う。

 

 

シルバーウィークにジップラインで風になりたいところですが、

台風が心配です。

被害が出ませんように。

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
旅に出ます

「犬伏」の段がにぎにぎしく、

それはぜひに見ねばと思っておりました。

大河『真田丸』のことです。

 

大泉洋の演技がすばらしいって。

 

そんなところに『5分で分かる真田丸』という番組名がつい目に入り、

で録画し、凝縮した「犬伏」を見てしまいました。

(→NHKのココで視聴できるようです。「犬伏」は第35回です。)

 

なるほどなるほど、役者だわー、大泉さん。

 

5分ダイジェストですましてしまう私をどうぞゆるしてください。

皆さんは土曜の再放送やNHKオンデマンドにてフルでご覧になってください。

 

大泉さんにはこれからもがんばっていただきたい。

そしてお忙しいとは存じますが、ときにはバラエティにもよろしくお願いいたします。

 

 

そんな中、ひそかな楽しみを見つけました。

ゴリパラ見聞録』というバラエティ番組です。

もうもうボヤキ系大好物ですから。

ゆるい進行とぼんやりした空気、愛あるわる口やののしり合い、心地いいですし、

よしもとさんでは作れなかっただろうなーとも思います。

 

西の『どうでしょう』って呼ばれているんだそうですよ。

 

両者とも旅系ですね。

 

ああ、旅に出たいな。いい季節ですしね。

皆さーん、旅に出ましょうよー。

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポーツをする

ある日曜日、子どもたちと3人で過ごしました。

午前中はびっしり全力で遊び、

お昼ごはんを食べ終えて「お昼寝しない」と言っていた子どもたちですが、

暗くて涼しいところで一緒に横になると、すやすやと眠ってくれました。

休日なのに朝6時前に起きてたら、そりゃ眠いはず。

 

私も少しうとうとして、やがて起きて、テレビをつけました。

 

『全日本中学校陸上大会』をやっていました。

ちょうど最後の男子リレー決勝。

決戦の場は雨でした。

でもスタート前に日が差したようで大きな虹がかかりました。

ドラマチック。

 

スタート前、

会場でひとりひとり名前が呼ばれるのと同時に、

テレビ実況でも名前が呼ばれ、カメラでぬかれるわけですが、

まあ一人一人ポーズ取って、こなれた感じなのです。

私学だと校名アピールもあるのでしょう。

 

うちの子どもたちはまだまだ幼く、人懐っこいけど、

中学生にもなったらこんなふうになるんだなーと思いながら見ていました。

 

虹をバックに走ります。

 

優勝チームのインタビューがありました。

その顔つきはかわいらしくて、ねらったものでない素直な言葉が続きました。

中学男子ってやっぱりこんな感じなんだーとちょっと安心しました。

 

それにしてもスポーツをする姿はいいですね。

また全国大会に出るほどの子の顔は自信に満ちて精悍(せいかん)です。

 

うちの子どもたちにも自信につながる何かを見つけてほしいものです。

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) |