PROFILE
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
OTHERS
ちから
朝、やたら響く秒針の音で目が覚める。
こんなにはっきり聞こえてくるんだからもう起床してしまおう!
まだ暗い中、起き出しました。

明るくなり、子どもたちを起こすときふと見ると、
私の枕に目覚まし時計が敷かれていました。
どっちだ?こんないたずらしたヤツは。

でも、
寝室で横になって眠るということは、
当たり前であるようでこの上なくありがたいことだとしみじみ思う。


地震の被害に遭われた皆さん、お見舞い申し上げます。


子どもたちと在宅中に、
地震速報メールが来たときがありまして、
「机の下にかくれよう」と言いましたら、すなおに2人とも従ってくれました。
そう時間をおかないうちに立ち上がろうする弟に、
「だめよー」と言いながら頭を押さえる兄のすがたが。
毎月、園で訓練をしてくださっていることにそっと感謝しました。


食べました!初物のスイカ。
うちの父が孫のために買ってきたものです。
熊本産でした。
甘かった。美味しかった。

数年前、お返しの品をいくつも手配しなければいけない機会があって、
宮城の洋菓子をえらんだなー。

そうやって今できることをやりたい。
知恵と情報を共有して、そして継続したいです。


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
きのこ生えた
生えました、きのこ。
私の両腕に。

な、なに???

いえ、昨晩見た夢の話です。

にょきにょき生えて、びっくりして、
「ど、どうしよう!!」と腕を母親に見せると、
「すぐに病院に行こう」と母親が私の腕をなでて、
すると、みるみるうちにきのこが消えていきました。

へんな夢。

そのきのこの形態がすごく気持ちわるくてゾッとしたのに、
でも目覚めたときは、やわらかくていい気持ち。


夢の中で、
私は完全に「子」であり、
自分の「親」に全力ですがっていました。

ちょっとうれしかった。
なつかしかった。


近ごろ、いろんな思いがあふれて、
ときおり涙があふれます。
己の無力を思い知らされて、
ひどくおちこむ日もあります。

でも私は元気です。

よく食べて、よく眠って、よく笑っています。
大切な大切な家族がいます。


いろいろあるけど、
くさらず行こう。
なるべくきげんよく行こう。

春はいろいろありますね。
でも春なのに、なぜきのこ生えた?
せめて桜咲いてほしかった。
遠山の金さんかよ。


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
帰宅
寒い。
自宅に帰り着くとありがたいです。
雨風、そして雪をしのげる家ってありがたいです。

一昨日の1月17日で大震災から21年。
そして、この寒波。
しみじみと思います。

今夜は鍋。
家族で囲めることに感謝します。

雪による甚大な被害が出ませんように。




 
| comments(0) | trackbacks(0) |
あけまして2016
就寝前にトイレに入った長男坊。
ドア越しに声をかけてきました。
「どうしたの?元気ないの?」

確かに私は声を張る傾向にある。
「芸人かよ」と自分で思うときさえある。
この正月の親戚の集まりでも、
ついついそれが出ていたようで、
帰りの車中でどっと疲れるのは毎度のこと。
ギャラ出ないのにね・・・。

いやいやいや、長男坊よ。
君たちをおやすみモードにいざなうために、静かな声で話してただけだよ。
元気あるよ。

子どもって親のことよく見てますね。
特に長男坊は「変化」をこまやかに察するタイプ。
まるで「心」に寄り添ってくれているようで、
ふうっとあったかい空気でつつんでくれます。

今年も子どもたちに心配させない程度に元気に明るく声張ってやっていきたいです。
「ひとり時間」のときは存分に暗く地味にしてバランス取りたいです。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。






 
| comments(0) | trackbacks(0) |
よいお年を
さっき目覚めました。
テレビをあわててつけると『蛍の光』の終わる寸前で、
綾瀬はるかが旗を持っていたのが映ったので、
「紅組が勝ったんだな」と思いました。

寝入りのはやい長男坊と比べて、
次男坊はなぜか私指名で、添い寝しないと寝てくれません。
寝かしつけてたらこれです。

大みそかの今日は、
連れ合いの実家ですっきやきを囲み、
年越しそばを食べました。

今年もお世話になりました。
どちらさまもどうぞよいお年を。




 
| comments(0) | trackbacks(0) |
今夜のお肉は?
クリスマスが終わると、一気に年末へ。
でも、クリスマスで力尽きてしまってちっとも動けません。

たのしかったです、クリスマス。
子どもたちのおどろく顔、よろこぶ顔を思いうかべてがんばりました。
連れ合いと二人で手作りしたプレゼントもあったのですが、
「何がいちばんうれしかった?」と連れ合いがたずねると、
チョコレート菓子(←大好きなキャラクターの)だと答えてました。
連れ合いは本気でうなだれていましたが、
私は笑えました。おもろいわー、うちの次男坊。

クリスマスはチキンでしょ!ということで、
イブの夜はチキン料理でした。
鶏肉と言えば、お買い得な「むね肉」がよく食卓がのぼる我が家ですが、
クリスマスだけに近所のスーパーで「チキンまつり」がおこなわれてまして、
カゴに入れられたのは「もも肉」です。
そのもも肉を使った料理がすごく美味しかったので、
「クリスマスの定番料理にしようね」なんて話しました。

クリスマス明けの週末は、
知り合いからの贈り物であるキジ肉鍋を家族で囲みました。
なるほどなるほど、
野趣あふれるジビエな味をはじめて体験。
キジのお肉だよーと子どもたちに伝えますと、
「桃太郎の?」
「キジかわいそう」
という言葉が出ましたが、残さず食べておりました。
そうだよ、だから「いただきます」って食べるんだ、子どもたちよ。

鶏もも肉からのキジ肉・・・に続いて、いつもの鶏むね肉へ。
クリスマスに食べたチキン料理が食べたくて、
むね肉でチャレンジしてみる?となったのですが、
むね肉なりのお味でちょっと残念でした。

チキン料理を食べたりしながら今なおクリスマスを漂っているようではいけませんね。
しっかり年越し年明けに切り替えたいです。
さ、がんばるぞー、乗り切るぞー、私。

 
| comments(0) | trackbacks(0) |
学びの秋
昨日は久々に朝寝しましてね、
夢をいくつも見てのちに目覚めました。
私の見る夢はいつも鮮明。


ひとつは、
『銭湯で脳科学者のうんちくを聞く会』でした。
「さ、皆さん湯船に入ってください」て脳科学者の人(もしゃもしゃでない人)が言うので、
私も急いで入ろうとするのですが、
両足が泡まみれになっていて、それを流そうとするもなかなか流れなくて、
一人ひどく焦っている夢でした。


もうひとつは、
『タージンと行くバーベキュー』のツアーでした。
そこには芸能界のご意見番と呼ばれているお人も同席していて、
タージンがやいやいと立ち回っているのを目の当たりにして、
「タージンすげえな」と思いながらながめてる夢でした。


何かを学びたいという気もちが強まっているのでしょうか、私。

わけわからん夢ではありましたが、
よく寝たので目覚めはすっきり。
休日の朝に、
ふとんの中で子どもたちとわちゃわちゃする時間がすきです。


さ、連休明け。
今週もはりきってまいりましょう。


 
| comments(0) | trackbacks(0) |
バイキング
と言っても、お昼の番組ではないです。
食べるほうです。

先日、買い物に家族で出かけまして、
昼ごはんを食べようとなったのですが、
食べ放題の店に入りまして、
それはもうたっくさん食べてまいりました。

好物のパンをがむしゃらに食べる次男坊を尻目に、
長男坊のほうはあれやこれや食べるわ食べるわ。
しまいには親が取ってきたデザートのプリンを見て、
「もういらない」とため息まじりにつぶやく始末。
いえ、プリンの前にちゃっかりケーキは食べてるんですけどねー。

普段、彼は残すことが皆無なのでびっくり!そして笑えました。
申し訳ないくらいの幼児料金なのに、
さらに申し訳なくなるほどの食べっぷり。

そこは以前から気になる店でしたが、なかなか行けないでいました。
なぜならば、連れ合いは食べることで待つのがそんなに好きではないからです。
でも今回、連れ合いがGOを出したのには理由があります。

あれはゴールデンウィークのことです。
あのときも家族で出かけていまして、少し遅めの昼食に。
入る店をさがしていたところ・・・。

「ここに入ろう」
と連れ合いが言ったのはファミレスチェーン。

「おいおい、ちょっと待って」
せっかく遠出してるのに、いつでも来られるファミレスはないでしょうよ。

「もうスーパーで何か買って車の中で食べる」
と投げやりになる連れ合い。

おなかがすくと、とたんに無言になってすこぶる不機嫌になるのです。

スーパーに入りかけていたところ、
その近くに見えた店を直ちに提案。

少し待ちましたが、食べ終えたあとの連れ合いは大満足の顔。
美味しかったみたいです。
そこが食べ放題の店だったのです。
次男坊は焼き立てのパンをひたすら食べていました。無類のパン好き。

取り放題食べ放題だからこそ決して残してはいけません。
残さず食べるのは我が家の掟。

この前も、プール帰りに外食していたら、
隣席の家族が立ったあとのテーブルを見て、
「いっぱい残してるねー」と不思議そうに長男坊が言っていました。
そう、残しちゃダメだよ!うちの掟だよ!!

以上、食い意地の張った一家の腹ぺこ日記でした。おしまい。




 
| comments(0) | trackbacks(0) |
まこと
朝、平和記念式典の中継を見た。

涙が出た。

親になった今、
親を亡くした今、
「大切な人」をいっそう強く感じる今。

誓いを読む児童二人が玉のような汗をかいていた。
あの日も暑かったのだろうか。





 
| comments(0) | trackbacks(0) |
まぜる
うちのごはん、
玄米をまぜて炊くことに決まる。

結婚してしばらくは玄米ブレンドのごはんだったのに、
子どもが生まれてからは離乳食のためだったのでしょう、ずっと白米だったな。

そんなところに再開。

連れ合いも私も歯ごたえのある硬めのごはんがすき。
毎日たべるものなので、好みが合っているのは幸せなことです。

で、子どもたちにとって生まれて初めての玄米は、
カレーライスだったのもあってすんなり食べてくれました。
で、特に問題ないようでした。よかった。

子どもたちも硬めがすきになるんでしょうか。

私が硬め信者になったのは、
キャンプで食べた塩むすびがそれはそれは美味しかったからです。

そんな私は毎日、玄米ブレンドでよかったのですが、
でも「ときどき」になりました。

いちばんの理由は、
大人と比べて幼児には胃腸に負担がかかるみたいだからです。
うちの子たちは気になることは見られませんでしたけど、やっぱりね。

そしてやたら子どもたちが言うのです。
「ごはん、きいろいねー」って。
ひとさまに何でもかんでも話しちゃう年齢なので、
保温しっぱなしのきいろいのを食べさせられてると思われては悲しいので、
パールのような白ごはんも食べさせておこうと。

その上、連れ合いがこう言いました。
「毎日玄米なのは・・・白ごはんも食べたい」と。

食の好みって複雑ですね。
ひとりよがりはいけないなーと反省したのでした。






 
| comments(0) | trackbacks(0) |